先頭に戻る

+2.7V~+5.25V、低電力、10ビットシリアルADC、8ピンSO

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 10
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 73
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 1
External VREF (V) (max) 5.25
Unipolar VIN (V) (max) 2.5
INL (±LSB) 0.5
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
4.72
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 10
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 73
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 1
External VREF (V) (max) 5.25
Unipolar VIN (V) (max) 2.5
INL (±LSB) 0.5
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
4.72

主な特長

  • 単一電源動作:+2.7V~+5.25V
  • 分解能:10ビット
  • 2.5Vリファレンス内蔵(MAX1242)
  • 小型パッケージ:8ピンPDIPおよびSO
  • 低電力:
    • 3.7mW (73ksps, MAX1242)
    • 3mW (73ksps、MAX1243)
    • 66µW (1ksps、MAX1243)
    • 5µW (パワーダウンモード)
  • 内部トラック/ホールド
  • 3線式シリアルインタフェース:SPI/QSPI/MICROWIRE
  • ピンコンパチブルの12ビットグレードアップ:MAX1240/MAX1241

アプリケーション/用途

  • 絶縁型データ収集
  • ポータブルデータロギング
  • プロセス制御監視
  • 温度測定
  • 試験装置

説明

MAX1242/MAX1243は、8ピンパッケージに収められた低電力、10ビットアナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。どちらのICも+2.7V~+5.25Vの単一電源で動作し、7.5µsの逐次比較ADC、高速トラック/ホールド(1.5µs)、クロックおよび高速3線式シリアルインタフェースを備えています。

電力消費は、73kspsの最大サンプリング速度で僅か3mW (VDD = 3V)となっています。2µAシャットダウンモードにより、低スループットレート時に電力を節約することができます。

MAX1242は2.5Vリファレンスを内蔵し、MAX1243は外部リファレンスを必要とします。MAX1243は0V~VREFの信号を受け付け、リファレンス入力範囲は正電源電圧が含まれます。外部クロックにより、標準的なマイクロコントローラのI/Oポートに直接接続できる3線式インタフェースからデータにアクセスします。このインタフェースは、SPI、QSPIおよびMICROWIRE®とコンパチブルです。

優れたAC特性、超低電力特性に加えて、使いやすくパッケージが小さいため、これらのコンバータは、リモートセンサーおよびデータ収集アプリケーション、あるいはその他の消費電力とスペース要件が厳しい回路に最適です。MAX1242/MAX1243は、8ピンPDIPおよびSOパッケージで供給されています。

簡易ブロック図

MAX1242、MAX1243:ファンクションダイアグラム MAX1242、MAX1243:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。