先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX1238の評価キット Jul 30, 2002

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 実証済みのPCBレイアウト
  • Windows 95/98ソフトウェア
  • 2線式シリアルインタフェース
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動試験装置
  • ハンドヘルドポータブルアプリケーション
  • 医療用機器
  • 受信信号強度インジケータ
  • ソーラーパワー遠隔システム
  • システム監視

説明

MAX1238の評価キットは、MAX1238の評価用に設計されています。MAX1238は、2線式シリアルインタフェースを備えた12ビット12チャネル(6個の差動チャネル) ADCです。MAX1238の評価キットボードでは、標準モード(Sモード)、高速モード(Fモード)、およびハイスピードモード(HSモード)の3種類の標準2線式シリアルインタフェース速度をサポートしています。この評価キットに付属するソフトウェアでは、Sモードのみをサポートします。

評価キットに付属のWindows® 95/98ソフトウェアで、IBM®互換PCのパラレル(プリンタ)ポートを使用して2線式インタフェース(Sモード)のプロセッサをエミュレートできます。また、このWindowsソフトウェアは使いやすいグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えており、コントロールボタンとメニューを使ってMAX1238の機能を実行できます。

パラレルポート使用可能なPCを使ってMAX1238を総合評価する場合、このMAX1238の評価キットをお求めください。

技術資料

データシート MAX1238の評価キット Jul 30, 2002

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。