先頭に戻る

500ksps、サンプリング、12ビットADC、トラック/ホールドおよびリファレンス内蔵

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 333
Data Bus µP/12
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 5
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 1
Package/Pins PDIP/24
SOIC (W)/24
SSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
18.68
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 333
Data Bus µP/12
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 5
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 1
Package/Pins PDIP/24
SOIC (W)/24
SSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
18.68

主な特長

  • 分解能:12ビット
  • 全温度範囲でミッシングコードなし
  • 内部リファレンス:-5V、20ppm/℃
  • 変換時間:1.6µs (スループット500ksps、MAX120)
  • 変換時間:2.6µs (スループット333ksps、MAX122)
  • 低ノイズおよび低歪み:
    • SINAD:70dB (min)
    • THD :-70dB (max、MAX122)
  • 低消費電力:210mW
  • 個別のトラック/ホールド制御入力
  • 連続変換モードが利用可能
  • 入力範囲:±5V (過電圧耐性:±15V)
  • 24ピンナローDIP、ワイドSO、およびSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

説明

完全、BiCMOS、サンプリング12ビットアナログ-デジタルコンバータ(ADC)のMAX120/MAX122は、トラック/ホールド(T/H)および低ドリフト電圧リファレンスを内蔵し、高速な変換速度と低消費電力を兼ね備えています。T/Hの350nsのアクイジション時間と、MAX120の1.6µsの変換時間の組合せによって、500kサンプル/秒(ksps)という高スループットレートを実現します。MAX122の2.6µsの変換時間では、333kspsのスループットレートが可能です。

MAX120/MAX122は、-5V~+5Vのアナログ入力電圧を許容します。必要な外付け部品は、電源およびリファレンス電圧用のデカップリングコンデンサのみです。MAX120は、0.1MHz~8MHzの周波数範囲のクロックで動作します。MAX122は、0.1MHz~5MHzのクロック周波数を許容します。

MAX120/MAX122は、標準的なマイクロプロセッサ(µP)インタフェースを採用しています。3ステートのデータ出力は、12ビットデータバスとの組合せで動作するように構成されます。データアクセスおよびバス解放のタイミング仕様は、一般的なほとんどのµPと互換性があり、ウェイトステートは不要です。さらに、MAX120/MAX122はFIFO (first-in, first-out)バッファと直接インタフェース可能なため、µPの割込みオーバーヘッドがほぼありません。すべてのロジック入出力はTTL/CMOS互換です。シリアルインタフェースが必要なアプリケーションの場合は、MAX121を参照してください。

簡易ブロック図

MAX120、MAX122:ファンクションダイアグラム MAX120、MAX122:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。