先頭に戻る

MAX1213MAX1214、およびMAX1215の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1213MAX1214、およびMAX1215の評価キット Apr 06, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • サンプリングレート:最高170Msps/210Msps/250Msp
  • 低電圧および低電力動作
  • 完全差動信号入力の設定
  • オンボード差動出力ドライバ
  • 完全実装およびテスト済み

アプリケーション/用途

  • 基地局パワーアンプ線形化
  • ケーブルヘッドエンドレシーバ
  • 通信テスト機器
  • レーダおよび衛星サブシステム
  • ワイヤレスおよび有線ブロードバンド通信

説明

MAX1213/MAX1214/MAX1215の評価キット(EVキット)は、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC) MAX1213/MAX1214/MAX1215の性能評価に必要な部品をすべて含む、完全実装されたテスト済みの回路ボードです。MAX1213/MAX1214/MAX1215は差動アナログ入力に対応していますが、このEVキットは信号をユーザが提供するシングルエンドの信号源から生成します。ADCによって生成されたディジタル出力は、ユーザが提供する高速ロジックアナライザやデータ収集システムを使用して簡単に取り込むことができます。このEVキットは1.8V電源で動作し、ユーザが提供するAC信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1213MAX1214、およびMAX1215の評価キット Apr 06, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。