先頭に戻る

12ビット、80Msps、3.3V IFサンプリングADC

製品詳細

MAX1209は、3.3V、12ビット、80Mspsのアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力アンプを備え、内蔵の低ノイズ量子化回路を駆動します。アナログ入力段は、シングルエンドまたは差動信号が入力可能です。MAX1209は、低電力、小型化、および高ダイナミック性能となるように最適化されています。MAX1209は、ベースバンドから175MHzを超える入力周波数範囲で優れたダイナミック性能が維持され、中間周波数(IF)サンプリングアプリケーションに最適です。

3.0V~3.6Vの単一電源から電力を供給されるMAX1209は、わずか393mWを消費するだけで、175MHzの入力周波数で66.5dBの信号対雑音比(SNR)性能を実現します。低消費電力に加えて、MAX1209は3µWのパワーダウンモードを備えているため、アイドル状態における消費電力を低減します。

MAX1209のリファレンスは柔軟な構造で、内蔵の2.048Vバンドギャップリファレンスもしくは外部リファレンスを利用することができます。また、このリファレンス構造は、フルスケールのアナログ入力範囲を±0.35V~±1.15Vに調整することができます。MAX1209はコモンモードのリファレンスを備えているため、差動アナログ入力回路の外付け部品点数が削減され、設計が簡素化されます。MAX1209は、シングルエンドと差動の両方の入力クロック駆動をサポートしています。ADCの内蔵デューティサイクル等化器(DCE)によって、広範囲に及ぶクロックデューティサイクルの変動を補正します。

ADC変換の結果は、12ビットCMOS互換パラレル出力のバス経由で出力し、出力フォーマットは、2の補数またはグレイコードのいずれかをピンによって選択可能です。データ有効インジケータによって、通常、信頼性のあるディジタル接続を補償するための外付け部品が不要となります。1.7V~3.6Vの幅広い電圧を入力することができる独立したディジタル電源入力によって、さまざまなロジックレベルにMAX1209を接続することができます。

MAX1209は、エクスポーズドパドル(EP)付きの6mm x 6mm x 0.8mmの40ピン薄型QFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で仕様が定められています。

ピンコンパチブル、12/14ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

主な機能

  • 最大400MHzの直接IFサンプリング
  • 優れたダイナミック性能
    • SNR:68.0dB/66.5dB (fIN = 70MHz/175MHzにて)
    • SFDR:85.1dBc/85.5dBc (fIN = 70MHz/175MHzにて)
  • 3.3Vの低電力動作
    • 366mW (シングルエンドクロックモード)
    • 393mW (差動クロックモード)
    • 3µW (パワーダウンモード)
  • 差動またはシングルエンドのクロックモード
  • 完全差動またはシングルエンドのアナログ入力
  • フルスケールのアナログ入力範囲を調整可能:±0.35V~±1.15V
  • コモンモードのリファレンス
  • 2の補数またはグレイコードによるCMOS互換出力
  • データ有効インジケータによってディジタル設計を簡素化
  • データ範囲外インジケータ
  • エクスポーズドパドル付きの小型40ピン薄型QFNパッケージ
  • 評価キットあり(MAX1211EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • IF通信レシーバ:セルラ、ポイント間マイクロ波、HFC、WLAN
  • 低電力データ収集
  • ポータブル計測機器
  • 超音波および医療用画像化

簡略化されたブロック図

MAX1209:ファンクションダイアグラム MAX1209:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX1211の評価キット(EVキット)は、12ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)のMAX1211、MAX1206~MAX1209、およびMAX19538を評価するための全部品を搭載した完全実装および試験済みの回路ボードです。MAX1211は、差動またはシングルエンドアナログ入力信号で動作します。この評価キットは、シングルエンドアナログ信号のみを入力して、両タイプの信号に対してADCを評価することができます。ユーザが用意する高速ロジックアナライザやデータ収集システムを使って、ADCが生成したディジタル出力を容易に収集することができます。この評価キットは2.0Vと3.3Vの電源で動作します。この評価キットにはユーザが用意するAC信号から差動クロック信号を生成する回路が搭載されています。また、このキットには、MAX1211が実装されています。評価用のピンコンパチブルMAX1206~MAX1209またはMAX19538の無料サンプルについてはお問い合わせください。

詳細を見る

特徴

  • 最高サンプリングレート:65Msps (MAX1211)
  • 低電圧/電力で動作
  • 完全差動またはシングルエンド信号入力構成
  • 差動またはシングルエンドクロック入力構成
  • デューティサイクルが可変のクロック整形回路を実装
  • MAX1206~MAX1209およびMAX19538も評価可能
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

主な機能

  • 最大400MHzの直接IFサンプリング
  • 優れたダイナミック性能
    • SNR:68.0dB/66.5dB (fIN = 70MHz/175MHzにて)
    • SFDR:85.1dBc/85.5dBc (fIN = 70MHz/175MHzにて)
  • 3.3Vの低電力動作
    • 366mW (シングルエンドクロックモード)
    • 393mW (差動クロックモード)
    • 3µW (パワーダウンモード)
  • 差動またはシングルエンドのクロックモード
  • 完全差動またはシングルエンドのアナログ入力
  • フルスケールのアナログ入力範囲を調整可能:±0.35V~±1.15V
  • コモンモードのリファレンス
  • 2の補数またはグレイコードによるCMOS互換出力
  • データ有効インジケータによってディジタル設計を簡素化
  • データ範囲外インジケータ
  • エクスポーズドパドル付きの小型40ピン薄型QFNパッケージ
  • 評価キットあり(MAX1211EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • IF通信レシーバ:セルラ、ポイント間マイクロ波、HFC、WLAN
  • 低電力データ収集
  • ポータブル計測機器
  • 超音波および医療用画像化

説明

MAX1209は、3.3V、12ビット、80Mspsのアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力アンプを備え、内蔵の低ノイズ量子化回路を駆動します。アナログ入力段は、シングルエンドまたは差動信号が入力可能です。MAX1209は、低電力、小型化、および高ダイナミック性能となるように最適化されています。MAX1209は、ベースバンドから175MHzを超える入力周波数範囲で優れたダイナミック性能が維持され、中間周波数(IF)サンプリングアプリケーションに最適です。

3.0V~3.6Vの単一電源から電力を供給されるMAX1209は、わずか393mWを消費するだけで、175MHzの入力周波数で66.5dBの信号対雑音比(SNR)性能を実現します。低消費電力に加えて、MAX1209は3µWのパワーダウンモードを備えているため、アイドル状態における消費電力を低減します。

MAX1209のリファレンスは柔軟な構造で、内蔵の2.048Vバンドギャップリファレンスもしくは外部リファレンスを利用することができます。また、このリファレンス構造は、フルスケールのアナログ入力範囲を±0.35V~±1.15Vに調整することができます。MAX1209はコモンモードのリファレンスを備えているため、差動アナログ入力回路の外付け部品点数が削減され、設計が簡素化されます。MAX1209は、シングルエンドと差動の両方の入力クロック駆動をサポートしています。ADCの内蔵デューティサイクル等化器(DCE)によって、広範囲に及ぶクロックデューティサイクルの変動を補正します。

ADC変換の結果は、12ビットCMOS互換パラレル出力のバス経由で出力し、出力フォーマットは、2の補数またはグレイコードのいずれかをピンによって選択可能です。データ有効インジケータによって、通常、信頼性のあるディジタル接続を補償するための外付け部品が不要となります。1.7V~3.6Vの幅広い電圧を入力することができる独立したディジタル電源入力によって、さまざまなロジックレベルにMAX1209を接続することができます。

MAX1209は、エクスポーズドパドル(EP)付きの6mm x 6mm x 0.8mmの40ピン薄型QFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で仕様が定められています。

ピンコンパチブル、12/14ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

簡略化されたブロック図

MAX1209:ファンクションダイアグラム MAX1209:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.