先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX11960の評価キット Jun 30, 2016

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • インタフェース用FMCコネクタ
  • FMCコネクタを介して75MHzのSPIクロックに対応
  • 同期入力/同期出力によってコヒーレントサンプリングを実現
  • 入力バッファ実装(MAX9632)
  • +3.0Vリファレンス電圧実装(MAX6126)
  • Windows 7、およびWindows 8/8.1対応ソフトウェア

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置
  • データ収集システム
  • モーションコントロールのエンコーダおよびリゾルバ
  • 医療用計測
  • プロセス制御および産業用オートメーション
  • 冗長測定
  • テレコム

説明

MAX11960の評価キット(EVキット)は、リファレンスバッファ内蔵の20ビット、1.0Msps、デュアルチャネル、完全差動SAR ADCのMAX11960を実証します。このEVキットには、Xilinx Zynq®-7000 SoC用のAvnet ZedBoard開発ボードからの通信を提供するグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)が含まれています。ZedBoardは、このEVキットに含まれていないため、Avnetから購入する必要があります。

ZedBoardは、Windows® 7、またはWindows 8/8.1対応ソフトウェアを使用してイーサネットケーブル上でPCと通信します。

このEVキットは、MAX11960ETP+が実装されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX11960の評価キット Jun 30, 2016

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。