先頭に戻る

デュアル、10ビット、40Msps、3V、低電力ADC、内部リファレンスおよび多重パラレル出力付

製品の詳細

MAX1186は3V、デュアル10ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力機能を備え、2個のパイプライン化9段ADCをドライブします。MAX1186は、画像、計測、およびディジタル通信アプリケーションにおいて低電力、高ダイナミック性能を発揮するように最適化されています。このADCは2.7V~3.6Vの単一電源で動作し、消費電力はわずか105mWですが、入力周波数20MHzでサンプリングレート40Mspsにおいて信号対ノイズ比(SN比) 59.4dB (typ)を実現しています。ディジタル出力AおよびBは、クロックの立上がりエッジ(CHA)と立下りエッジ(CHB)で交互に更新されます。T/Hベースの入力段では、400MHz (-3dB)の入力アンプを内蔵しています。また、このコンバータは、シングルエンド入力でも動作できます。低電力動作に加えて、MAX1186は2.8mAスリープモードと1µAパワーダウンモード機能を備えてアイドル期間内に節電できます。

内部2.048V高精度バンドギャップリファレンスにより、ADCのフルスケール範囲を設定します。リファレンス構造がフレキシブルなので、高精度または異なる入力電圧範囲が必要なアプリケーションの場合には、必要に応じて内部または外部リファレンスのいずれかを使用できます。

MAX1186では、パラレル、多重、CMOS対応スリーステート出力を備えています。ディジタル出力フォーマットは、1個の制御ピンにより2の補数かストレートオフセットバイナリに設定できます。そして、フレキシブルなインタフェースのために、このデバイスは1.7V~3.6Vの別個の出力電源を備えています。MAX1186は7mm x 7mmの48ピンTQFP-EPパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)が保証されています。

MAX1186のピンコンパチブル非多重高速バージョンも用意しています。105Mspsバージョンに関してはMAX1180データシート、80Mspsバージョンに関してはMAX1181データシート、65Mspsバージョンに関してはMAX1182データシート、40Mspsバージョンに関してはMAX1183データシート、および20Mspsバージョンに関してはMAX1184データシートを参照してください。MAX1186のピンコンパチブル低速バージョン(20Msps)に関してはMAX1185データシートを参照して下さい。

主な機能

  • 3V単一動作
  • 優れたダイナミック性能:
    • 59.4dB SN比(fIN = 20MHz)
    • 72dBc SFDR (fIN = 20MHz)
  • 低電力:
    • 35mA (通常動作)
    • 2.8mA (スリープモード)
    • 1µA (シャットダウンモード)
  • 利得0.02dBおよび位相0.25°のチャネル間マッチング
  • 広差動アナログ入力電圧範囲:±1VP-P
  • 400MHz、-3dB入力帯域幅
  • 2.048V高精度バンドギャップリファレンス内蔵
  • 多重ディジタル出力用単一10ビットバス
  • ユーザ選択出力フォーマット:2の補数またはオフセットバイナリ
  • 放熱用パッド付き48ピンTQFPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 高画質画像処理
  • I/Qチャネルデジタル化
  • 計測
  • マルチチャネルIFサンプリング
  • 超音波
  • ビデオアプリケーション
Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 10
# Input Channels 2
Sample Rate (Msps) (max) 40
Data Bus Interface µP/10
SFDR (dBc) (min) 72
ENOB (bits) (min) 9.54
SINAD (dB) 59.2
SNR (dB) 59.4
THD (dB) -71
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 1.7
Package/Pins TQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
$10.03 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1186:ファンクションダイアグラム MAX1186:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 10
# Input Channels 2
Sample Rate (Msps) (max) 40
Data Bus Interface µP/10
SFDR (dBc) (min) 72
ENOB (bits) (min) 9.54
SINAD (dB) 59.2
SNR (dB) 59.4
THD (dB) -71
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 1.7
Package/Pins TQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
$10.03 @1k

主な機能

  • 3V単一動作
  • 優れたダイナミック性能:
    • 59.4dB SN比(fIN = 20MHz)
    • 72dBc SFDR (fIN = 20MHz)
  • 低電力:
    • 35mA (通常動作)
    • 2.8mA (スリープモード)
    • 1µA (シャットダウンモード)
  • 利得0.02dBおよび位相0.25°のチャネル間マッチング
  • 広差動アナログ入力電圧範囲:±1VP-P
  • 400MHz、-3dB入力帯域幅
  • 2.048V高精度バンドギャップリファレンス内蔵
  • 多重ディジタル出力用単一10ビットバス
  • ユーザ選択出力フォーマット:2の補数またはオフセットバイナリ
  • 放熱用パッド付き48ピンTQFPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 高画質画像処理
  • I/Qチャネルデジタル化
  • 計測
  • マルチチャネルIFサンプリング
  • 超音波
  • ビデオアプリケーション

説明

MAX1186は3V、デュアル10ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力機能を備え、2個のパイプライン化9段ADCをドライブします。MAX1186は、画像、計測、およびディジタル通信アプリケーションにおいて低電力、高ダイナミック性能を発揮するように最適化されています。このADCは2.7V~3.6Vの単一電源で動作し、消費電力はわずか105mWですが、入力周波数20MHzでサンプリングレート40Mspsにおいて信号対ノイズ比(SN比) 59.4dB (typ)を実現しています。ディジタル出力AおよびBは、クロックの立上がりエッジ(CHA)と立下りエッジ(CHB)で交互に更新されます。T/Hベースの入力段では、400MHz (-3dB)の入力アンプを内蔵しています。また、このコンバータは、シングルエンド入力でも動作できます。低電力動作に加えて、MAX1186は2.8mAスリープモードと1µAパワーダウンモード機能を備えてアイドル期間内に節電できます。

内部2.048V高精度バンドギャップリファレンスにより、ADCのフルスケール範囲を設定します。リファレンス構造がフレキシブルなので、高精度または異なる入力電圧範囲が必要なアプリケーションの場合には、必要に応じて内部または外部リファレンスのいずれかを使用できます。

MAX1186では、パラレル、多重、CMOS対応スリーステート出力を備えています。ディジタル出力フォーマットは、1個の制御ピンにより2の補数かストレートオフセットバイナリに設定できます。そして、フレキシブルなインタフェースのために、このデバイスは1.7V~3.6Vの別個の出力電源を備えています。MAX1186は7mm x 7mmの48ピンTQFP-EPパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)が保証されています。

MAX1186のピンコンパチブル非多重高速バージョンも用意しています。105Mspsバージョンに関してはMAX1180データシート、80Mspsバージョンに関してはMAX1181データシート、65Mspsバージョンに関してはMAX1182データシート、40Mspsバージョンに関してはMAX1183データシート、および20Mspsバージョンに関してはMAX1184データシートを参照してください。MAX1186のピンコンパチブル低速バージョン(20Msps)に関してはMAX1185データシートを参照して下さい。

簡略化されたブロック図

MAX1186:ファンクションダイアグラム MAX1186:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。