先頭に戻る

マルチチャネル、16ビット、200kspsアナログ-デジタルコンバータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 16
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 200
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 3.8
External VREF (V) (max) 5.25
Unipolar VIN (V) (max) 4.096
INL (±LSB) 3
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$16.53 @1k
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 16
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 200
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 3.8
External VREF (V) (max) 5.25
Unipolar VIN (V) (max) 4.096
INL (±LSB) 3
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$16.53 @1k

主な特長

  • 16ビット分解能、ミッシングコードなし
  • 単一電源動作:+5V
  • 可変ロジックレベル:+2.7V~+5.25V
  • 入力電圧範囲:0~VREF
  • 内蔵(+4.096V)または外付け(+3.8V~AVDD)リファレンス
  • 内部トラック/ホールド、4MHz入力帯域幅
  • 内蔵または外付けクロック
  • SPI/QSPI/MICROWIRE対応シリアルインタフェース、MAX1168はDSP起動変換を実行
  • 8ビット幅または16ビット幅データ転送モード(MAX1168のみ)
  • 4チャネル(MAX1167)または8チャネル(MAX1168)入力マルチプレクサ
    • スキャンモードによって複数チャネルを順次変換、または1つのチャネルを連続変換
  • 低電力
    • 3.6mA (200ksps時)
    • 1.85mA (100ksps時)
    • 185µA (10ksps時)
    • 0.6µA (フルパワーダウンモード時)
  • 小型パッケージサイズ
    • 16ピンQSOP (MAX1167)
    • 24ピンQSOP (MAX1168)

アプリケーション/用途

  • 加速度計測定
  • データ収集システム
  • 産業用I/Oモジュール
  • 産業用プロセス制御
  • モータ制御
  • 熱電対測定

説明

MAX1167/MAX1168は、低電力、マルチチャネル、16ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、逐次比較型ADC、+4.096Vの内蔵リファレンス、リファレンスバッファ、内蔵発振器、自動パワーダウン、および高速SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応インタフェースを備えています。MAX1167/MAX1168は+5Vのアナログ単一電源で動作しますが、別個のディジタル電源を備えているため、+2.7V~+5.5Vのディジタルロジックと直接インタフェースすることができます。

MAX1167/MAX1168の消費電流は、外付けリファレンス使用時に、200kspsでわずか3.6mA (AVDD = DVDD = +5V)です。AutoShutdown™によって、消費電流は10kspsで185µAに、低速サンプリングレートで10µA以下に低減します。

MAX1167は4チャネル入力マルチプレクサを備え、MAX1168は最大8個のアナログ入力を受け入れます。また、ディジタル信号プロセッサ(DSP)起動変換は、MAX1168に装備のDSPフレーム同期入出力で簡素化されています。MAX1168はデータビット転送入力を備え、8ビットまたは16ビット幅のデータ転送モードを選択することができます。両デバイスともにスキャンモードを備えています。このモードによって各チャネルの順次変換、または1つのチャネルの連続変換が行われます。

MAX1167/MAX1168は、使いやすさと内蔵リファレンスに加えて、優れたダイナミック性能と低電力によって、制御/データ収集動作や、消費電力/スペース要件が厳しいその他のアプリケーションに最適です。MAX1167は16ピンQSOPパッケージで、MAX1168は24ピンQSOPパッケージで提供されます。両デバイスともに、0℃~+70℃の民生用温度範囲および-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX1168の評価キットを使って、MAX1168を評価することができます。

簡易ブロック図

MAX1167、MAX1168:ピン配置 MAX1167、MAX1168:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。