先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1030MAX1031MAX1230MAX1231MAX11624MAX11625MAX11632MAX11633MAX11634MAX11635MAX11642、およびMAX11643の評価システム May 11, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • USB駆動(外付け電源不要)
  • マスターボードによるドーターボードの駆動
  • 4/16 ADCチャネル入力
  • 10MHz SPIインタフェース
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7対応ソフトウェア
  • EVシステムソフトウェアの時間ドメイン、周波数ドメイン、およびヒストグラムプロット
  • EVシステムソフトウェアの周波数、RMS、Min、Max、および平均DC計算
  • 最大100万サンプルを収集
  • 電圧リファレンス内蔵
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • データ収集システム
  • データロギング
  • 産業用制御システム
  • 計測
  • 患者監視
  • システム監視

説明

MAX1231B/MAX11633/MAX11635の評価システム(EVシステム)には1つのマスターボードと3つのドーターボードの内の1つが備わっています。EVシステムには、Windows XP®、 Windows Vista®、およびWindows® 7対応ソフトウェアも含まれており、様々なADCの機能を実行するための簡素なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供します。マスターボード(MAX116XXSPIMB)はPCのUSBポートに接続され、SPIコマンドを該当ドーターボードへ転送することがが可能です。

ドーターボードは完全実装および試験済みのPCBで、リファレンス内蔵/外付けの300ksps、8/10/12ビット、3V/5V、低電力、高速SPI ADCのMAX1030、MAX1031、MAX1230、MAX1231、MAX11624、MAX11625、MAX11632~MAX11635、MAX11642、およびMAX11643の能力を実証します。

各EVキットのドーターボードは、異なるADCを評価しますが、EVキットのドーターボードでリファレンスとされるデフォルトADCのみボードに設置されます。他のピンコンパチブルADCを評価する際にはこれらのデバイスの無料サンプルについてお問い合わせください。また各ボードの注文についてもお問い合わせください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1030MAX1031MAX1230MAX1231MAX11624MAX11625MAX11632MAX11633MAX11634MAX11635MAX11642、およびMAX11643の評価システム May 11, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。