先頭に戻る

8ビット、500Msps フラッシュADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 1:2 Demuxed ECL-Compatible Outputs
  • Wide Input Bandwidth: 900MHz
  • Low Input Capacitance: 15pF
  • Metastable Errors Reduced to 1LSB
  • Single -5.2V Supply

アプリケーション/用途

  • データ収集
  • デジタルオシロスコープ
  • ダイレクトRFダウンコンバージョン
  • レーダ、EW、ECM

説明

The MAX1150 is a parallel flash analog-to-digital converter (ADC) capable of digitizing full-scale (0V to -2V) inputs into 8-bit digital words at an update rate of 500Msps. The ECL-compatible outputs are demuxed into two separate output banks, each with differential data-ready outputs to ease the task of data capture. The MAX1150's wide input bandwidth and low capacitance eliminate the need for external track/hold amplifiers for most applications. A proprietary decoding scheme reduces metastable errors to 1LSB. This device operates from a single -5.2V supply, with a nominal power dissipation of 5.5W.

簡易ブロック図

MAX1150:ファンクションダイアグラム MAX1150:ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。