先頭に戻る

500ksps、12/10ビット、4/8/16チャネルADC、外部信号処理アクセス用マルチプレクサ出力内蔵

外部リファレンス、ピン/ソフトウェアコンパチブル、500ksps、マルチチャネルADCの最もフレキシブルなファミリ

製品の詳細

MAX11335~MAX11340は、外部リファレンスと500kHz完全リニア帯域幅を備えた、12/10ビット、高速、低電力、シリアル出力逐次比較型(SAR)アナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。MAX11335~MAX11340は、内蔵マルチプレクサの出力とADC入力への外部アクセスを提供し、信号調整を簡素化します。MAX11335~MAX11340は、内部クロックと外部クロックの両モードに対応しています。これらのデバイスは、内部クロックと外部クロックのどちらのモードでもスキャンモードを使用可能です。内部クロックモードは、SN比を向上させる内部平均化を特長としています。外部クロックモードは、ユーザー設定が可能なアナログ入力チャネルシーケンサであるSampleSet™技術を特長とします。SampleSet方式は、マルチチャネルアプリケーションのシーケンスのフレキシビリティを高めるとともに、マイクロコントローラやDSP (制御ユニット)の通信オーバーヘッドを大幅に軽減します。

外部ピンは、マルチプレクサの出力とADC入力へのアクセスを提供し、マルチチャネルの信号調整を簡素化します。内部クロックモードは、データを高速でサンプリングし格納して随時または低速で読取り可能にするFIFOを内蔵しています。内部クロックモードでは内部平均化もサポートされているため、ノイズの多い入力信号のSN比が向上します。これらのデバイスは、シングルエンド入力、完全差動ペア、または1つの共通入力を基準とする擬似差動入力に構成することができるアナログ入力チャネルを備えています。MAX11321~MAX11328は2.35V~3.6V電源で動作し、消費電力は500kspsでわずか4.2mWです。

MAX11335~MAX11340は、AutoShutdown™、高速ウェイクアップ、および高速3線式シリアルインタフェースを備えています。これらのデバイスは、電源管理を最適化するフルパワーダウンモードを特長としています。8MHz、3線式シリアルインタフェースは、外部ロジックなしでSPI、QSPI™、MICROWIRE®対応の各デバイスに直接接続します。

優れたダイナミック性能、低電圧、低電力、使いやすさ、および小型パッケージサイズによって、これらのコンバータは、ポータブルのバッテリ駆動データ収集アプリケーションや、低消費電力と小型スペースを要求するその他のアプリケーションに最適です。

MAX11335~MAX11340は、32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

主な機能

  • 高集積高精度ADCによってスペースを節約しながら高い柔軟性も維持
    • INL:±1 LSB、DNL:±1 LSB、ミッシングコードなし
    • SINAD:70dB (100kHz時)
    • 変換レート:500ksps、パイプライン遅延なし
  • 真の差動トラック/ホールドを備えたアナログマルチプレクサ:シングルエンド、差動、および擬似差動の入力端子ペアの任意の組合せが可能
    • 16/8/4チャネルのシングルエンド
    • 12/8/4チャネルの完全差動ペア
    • 1つのコモン入力を基準とした15/8/4チャネルの擬似差動
  • 2つのソフトウェア選択可能なバイポーラ入力範囲:±VREF+/2、±VREF+
  • 外部差動リファレンス:1V~VDD
  • 32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)
  • SampleSet技術によって、チャネル別の入力設定の極めて柔軟なプログラムや、マイクロコントローラとのインタフェースを最適化するサンプリングシーケンスを実現
    • 最大長256のユーザー定義チャネルシーケンス
    • スキャンモード、内部平均化、および内部クロック
    • 16エントリのファーストイン/ファーストアウト(FIFO)
  • マルチプレクサ後段信号アクセスによって差動信号でもマルチプレクサとADC間の外部信号調整が可能
    • 外部アクセス可能なマルチプレクサ出力とADC入力
  • 低消費電力によってポータブルアプリケーション用のバッテリ寿命を延長
    • デジタルI/O電源電圧:1.5V~3.6V
    • 電源電圧:2.35V~3.6V
    • 4.2mW (3V電源で500ksps時)
    • 完全シャットダウン電流:2µA
  • 大部分のマイクロコントローラと容易にインタフェース
    • 16MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 高速閉ループシステム
  • 高速データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • 医療用計測
  • ポータブルシステム
Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 500
Data Bus 3-Wire SPI
DSP-Compatible Serial
Microwire
QSPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
External VREF (V) (min) 2.35
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$1.91 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX11335、MAX11336、MAX11337、MAX11338、MAX11339、MAX11340:標準アプリケーション回路 MAX11335、MAX11336、MAX11337、MAX11338、MAX11339、MAX11340:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX11335&#65374;40 TQFN32 IBISモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX11335-40 TQFN32 IBISモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 500
Data Bus 3-Wire SPI
DSP-Compatible Serial
Microwire
QSPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
External VREF (V) (min) 2.35
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$1.91 @1k

主な機能

  • 高集積高精度ADCによってスペースを節約しながら高い柔軟性も維持
    • INL:±1 LSB、DNL:±1 LSB、ミッシングコードなし
    • SINAD:70dB (100kHz時)
    • 変換レート:500ksps、パイプライン遅延なし
  • 真の差動トラック/ホールドを備えたアナログマルチプレクサ:シングルエンド、差動、および擬似差動の入力端子ペアの任意の組合せが可能
    • 16/8/4チャネルのシングルエンド
    • 12/8/4チャネルの完全差動ペア
    • 1つのコモン入力を基準とした15/8/4チャネルの擬似差動
  • 2つのソフトウェア選択可能なバイポーラ入力範囲:±VREF+/2、±VREF+
  • 外部差動リファレンス:1V~VDD
  • 32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)
  • SampleSet技術によって、チャネル別の入力設定の極めて柔軟なプログラムや、マイクロコントローラとのインタフェースを最適化するサンプリングシーケンスを実現
    • 最大長256のユーザー定義チャネルシーケンス
    • スキャンモード、内部平均化、および内部クロック
    • 16エントリのファーストイン/ファーストアウト(FIFO)
  • マルチプレクサ後段信号アクセスによって差動信号でもマルチプレクサとADC間の外部信号調整が可能
    • 外部アクセス可能なマルチプレクサ出力とADC入力
  • 低消費電力によってポータブルアプリケーション用のバッテリ寿命を延長
    • デジタルI/O電源電圧:1.5V~3.6V
    • 電源電圧:2.35V~3.6V
    • 4.2mW (3V電源で500ksps時)
    • 完全シャットダウン電流:2µA
  • 大部分のマイクロコントローラと容易にインタフェース
    • 16MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 高速閉ループシステム
  • 高速データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • 医療用計測
  • ポータブルシステム

説明

MAX11335~MAX11340は、外部リファレンスと500kHz完全リニア帯域幅を備えた、12/10ビット、高速、低電力、シリアル出力逐次比較型(SAR)アナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。MAX11335~MAX11340は、内蔵マルチプレクサの出力とADC入力への外部アクセスを提供し、信号調整を簡素化します。MAX11335~MAX11340は、内部クロックと外部クロックの両モードに対応しています。これらのデバイスは、内部クロックと外部クロックのどちらのモードでもスキャンモードを使用可能です。内部クロックモードは、SN比を向上させる内部平均化を特長としています。外部クロックモードは、ユーザー設定が可能なアナログ入力チャネルシーケンサであるSampleSet™技術を特長とします。SampleSet方式は、マルチチャネルアプリケーションのシーケンスのフレキシビリティを高めるとともに、マイクロコントローラやDSP (制御ユニット)の通信オーバーヘッドを大幅に軽減します。

外部ピンは、マルチプレクサの出力とADC入力へのアクセスを提供し、マルチチャネルの信号調整を簡素化します。内部クロックモードは、データを高速でサンプリングし格納して随時または低速で読取り可能にするFIFOを内蔵しています。内部クロックモードでは内部平均化もサポートされているため、ノイズの多い入力信号のSN比が向上します。これらのデバイスは、シングルエンド入力、完全差動ペア、または1つの共通入力を基準とする擬似差動入力に構成することができるアナログ入力チャネルを備えています。MAX11321~MAX11328は2.35V~3.6V電源で動作し、消費電力は500kspsでわずか4.2mWです。

MAX11335~MAX11340は、AutoShutdown™、高速ウェイクアップ、および高速3線式シリアルインタフェースを備えています。これらのデバイスは、電源管理を最適化するフルパワーダウンモードを特長としています。8MHz、3線式シリアルインタフェースは、外部ロジックなしでSPI、QSPI™、MICROWIRE®対応の各デバイスに直接接続します。

優れたダイナミック性能、低電圧、低電力、使いやすさ、および小型パッケージサイズによって、これらのコンバータは、ポータブルのバッテリ駆動データ収集アプリケーションや、低消費電力と小型スペースを要求するその他のアプリケーションに最適です。

MAX11335~MAX11340は、32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX11335、MAX11336、MAX11337、MAX11338、MAX11339、MAX11340:標準アプリケーション回路 MAX11335、MAX11336、MAX11337、MAX11338、MAX11339、MAX11340:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。