先頭に戻る

リファレンス付き、16ビットADC、200ksps、5V単一電源

製品の詳細

MAX1132/MAX1133は、200ksps、16ビットのADCです。これらシリアルでインタフェースされたADCは、外部ロジックを使用せずにSPI™/QSPI™/MICROWIRE™デバイスに直接接続できます。また、20ピンSSOPパッケージ内に入力スケーリングネットワーク、内部トラック/ホールド、クロック、+4.096Vリファレンス、および3つの汎用ディジタル出力ピン(外部マルチプレクサまたはPGA制御用)を備えています。これらADCの卓越したダイナミック性能(SINAD > 85dB)、高速性(200ksps)、および低消費電力(7.5mA)により、このデバイスは工業用プロセス制御、計測、および医療などのアプリケーションに最適です。MAX1132は0~+12V (ユニポーラ)または±12V (バイポーラ)の入力信号でアクセスでき、MAX1133は0~+4.096V (ユニポーラ)または±4.096V (バイポーラ)の入力信号でアクセスできます。また、+4.75V~+5.25Vアナログ単一電源や+4.75V~+5.25Vディジタル電源で動作し、パワーダウンモードによって10kspsで電流消費が1mAに減少し、さらに低速データレートで消費電流が20µA以下に減少します。さらに、シリアルストローブ出力(SSTRB)により、TMS320ファミリのディジタル信号プロセッサに直接接続できます。ADCでアナログ-ディジタル変換を行う場合、MAX1132/MAX1133では内部クロックと外部シリアルインタフェースクロックのいずれかを選択できます。

MAX1132/MAX1133は、リニアリティとオフセット誤差を補正する内部キャリブレーション回路を備えています。オンデマンドのキャリブレーションによって性能を最適化できます。また、8チャネルマルチプレクサやPGAを制御するために、3つのユーザプログラマブルのロジック出力を備えています。

主な機能

  • 200ksps (バイポーラ)および150ksps (ユニポーラ)サンプリングADC
  • 16ビット、ミッシングコードなし
  • 1.5 LSB INL保証
  • 85dB (min) SINAD
  • +5Vの単一電源動作
  • 低消費電力動作、7.5mA (ユニポーラモード)
  • 2.5µA (シャットダウンモード)
  • ソフトウェアにより設定可能なユニポーラ/バイポーラ入力範囲
    • 0~+12Vおよび±12V (MAX1132)
    • 0~+4.096Vおよび±4.096V (MAX1133)
    • 内部または外部リファレンス
  • 内部または外部クロック
  • SPI/QSPI/MICROWIRE対応のシリアルインタフェース
  • 3つのユーザプログラマブルロジック出力
  • 小型20ピンSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • データ収集
  • 産業用I/Oモジュール
  • 産業用プロセス制御
  • 医療用機器
  • ポータブルバッテリ駆動機器
Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 16
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 200
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 3
External VREF (V) (max) 4.2
Unipolar VIN (V) (max) 12
Bipolar VIN (±V) (max) 12
INL (±LSB) 1
Package/Pins SSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
$29.13 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1132、MAX1133:標準アプリケーション回路 MAX1132、MAX1133:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX1132評価システム(EVシステム)は、MAX1132評価キット(EVキット)とマキシム68HC16MODULE-DIPマイクロコントローラ(µC)モジュール、およびUSBTO232で構成される単一チャネルの総合データ収集システムです。MAX1132は、高速で、単一チャネルの16ビットデータ収集システムです。Windows® 98/2000/XP対応ソフトウェアでは、MAX1132の機能を実行するのに便利なユーザインタフェースを提供しています。PCによるMAX1132の総合評価については、総合EVシステム(MAX1132EVC16)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともに68HC16MODULE-DIPモジュールを購入済みの場合や他のµCベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキット(MAX1132EVKIT)をお求めください。

詳細を見る

特長

  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 総合評価システム
  • 使いやすいテストポイントを実装
  • データロギングソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • RS-232/COMポート付きWindows 98/2000/XPに対応したEVキットソフトウェア
  • USBポート付きWindows 2000/XPに対応したEVキットソフトウェア
  • 説明

    MAX1132評価システム(EVシステム)は、MAX1132評価キット(EVキット)とマキシム68HC16MODULE-DIPマイクロコントローラ(µC)モジュール、およびUSBTO232で構成される単一チャネルの総合データ収集システムです。MAX1132は、高速で、単一チャネルの16ビットデータ収集システムです。Windows® 98/2000/XP対応ソフトウェアでは、MAX1132の機能を実行するのに便利なユーザインタフェースを提供しています。PCによるMAX1132の総合評価については、総合EVシステム(MAX1132EVC16)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともに68HC16MODULE-DIPモジュールを購入済みの場合や他のµCベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキット(MAX1132EVKIT)をお求めください。

    詳細を見る

    特長

  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 総合評価システム
  • 使いやすいテストポイントを実装
  • データロギングソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • RS-232/COMポート付きWindows 98/2000/XPに対応したEVキットソフトウェア
  • USBポート付きWindows 2000/XPに対応したEVキットソフトウェア
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    主な機能

    • 200ksps (バイポーラ)および150ksps (ユニポーラ)サンプリングADC
    • 16ビット、ミッシングコードなし
    • 1.5 LSB INL保証
    • 85dB (min) SINAD
    • +5Vの単一電源動作
    • 低消費電力動作、7.5mA (ユニポーラモード)
    • 2.5µA (シャットダウンモード)
    • ソフトウェアにより設定可能なユニポーラ/バイポーラ入力範囲
      • 0~+12Vおよび±12V (MAX1132)
      • 0~+4.096Vおよび±4.096V (MAX1133)
      • 内部または外部リファレンス
    • 内部または外部クロック
    • SPI/QSPI/MICROWIRE対応のシリアルインタフェース
    • 3つのユーザプログラマブルロジック出力
    • 小型20ピンSSOPパッケージ

    アプリケーション/用途

    • データ収集
    • 産業用I/Oモジュール
    • 産業用プロセス制御
    • 医療用機器
    • ポータブルバッテリ駆動機器

    説明

    MAX1132/MAX1133は、200ksps、16ビットのADCです。これらシリアルでインタフェースされたADCは、外部ロジックを使用せずにSPI™/QSPI™/MICROWIRE™デバイスに直接接続できます。また、20ピンSSOPパッケージ内に入力スケーリングネットワーク、内部トラック/ホールド、クロック、+4.096Vリファレンス、および3つの汎用ディジタル出力ピン(外部マルチプレクサまたはPGA制御用)を備えています。これらADCの卓越したダイナミック性能(SINAD > 85dB)、高速性(200ksps)、および低消費電力(7.5mA)により、このデバイスは工業用プロセス制御、計測、および医療などのアプリケーションに最適です。MAX1132は0~+12V (ユニポーラ)または±12V (バイポーラ)の入力信号でアクセスでき、MAX1133は0~+4.096V (ユニポーラ)または±4.096V (バイポーラ)の入力信号でアクセスできます。また、+4.75V~+5.25Vアナログ単一電源や+4.75V~+5.25Vディジタル電源で動作し、パワーダウンモードによって10kspsで電流消費が1mAに減少し、さらに低速データレートで消費電流が20µA以下に減少します。さらに、シリアルストローブ出力(SSTRB)により、TMS320ファミリのディジタル信号プロセッサに直接接続できます。ADCでアナログ-ディジタル変換を行う場合、MAX1132/MAX1133では内部クロックと外部シリアルインタフェースクロックのいずれかを選択できます。

    MAX1132/MAX1133は、リニアリティとオフセット誤差を補正する内部キャリブレーション回路を備えています。オンデマンドのキャリブレーションによって性能を最適化できます。また、8チャネルマルチプレクサやPGAを制御するために、3つのユーザプログラマブルのロジック出力を備えています。

    簡略化されたブロック図

    MAX1132、MAX1133:標準アプリケーション回路 MAX1132、MAX1133:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。