先頭に戻る

PIXI、12ポートプログラマブルミックスドシグナルI/O、12ビットADC、12ビットDAC、アナログスイッチ、およびGPIO内蔵

業界初の設定可能な高電圧ミックスドシグナルI/Oでユーザー定義のADC、DAC、またはGPIO機能が可能

製品の詳細

MAX11311は、PIXI、12ビット、マルチチャネル、アナログ-デジタルコンバータ(ADC)と、12ビット、マルチチャネル、バッファ付きデジタル-アナログコンバータ(DAC)を1つの集積回路(IC)に内蔵しています。このデバイスは、ADCアナログ入力、DACアナログ出力、汎用入力(GPI)、汎用出力(GPO)、またはアナログスイッチ端子として設定可能な、12のミックスドシグナル高電圧、バイポーラポートを提供します。1つの内部および2つの外部温度センサーは、ジャンクション温度と環境温度を監視します。隣接するポートのペアは、オープンドレインデバイス用のロジックレベルトランスレータ、またはアナログスイッチとして設定可能です。

PIXIポートは、12ビットミックスドシグナルアプリケーションのための非常に柔軟なハードウェア設定を提供します。MAX11311は、アナログおよびデジタル機能の複合を必要とするアプリケーションに最適です。各ポートは個別に設定可能で、-10V~+10Vの範囲で最大4つの電圧範囲を選択可能です。

MAX11311は、ADCに設定された各ポートから2、4、8、16、32、64、または128のADCサンプルを平均化し、ノイズ性能を向上させることができます。DACに設定された出力ポートは、最大25mAを駆動可能です。GPIOポートは、ユーザー定義のロジックレベルに設定することが可能で、GPIとGPOの組合せによってロジックレベルトランスレータが形成されます。

内部および外部温度測定は、設定可能な下限および上限温度条件を監視し、1つまたは複数の条件が発生した場合、割込みを使用してホストに通知します。温度測定の結果は、シリアルインタフェースを介して利用可能です。

MAX11311は、低ノイズの2.5V電圧リファレンスを内蔵し、DACおよびADC用の個別の入力によって外部電圧リファレンスを使用するオプションも提供します。このデバイスは、4線式、20MHz、SPI対応シリアルインタフェースを使用し、5Vのアナログ電源および1.8V~5.0Vのデジタル電源で動作します。PIXIポートの電源電圧は、広い-12.0V~+12.0Vの範囲で動作します。

MAX11311は、32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)または48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mm)で提供され、-40℃~+105℃の温度範囲が保証されています。

FAQ:MAX11300

主な機能

  • 12の設定可能なミックスドシグナルポートによってプラットフォーム全体の設計の柔軟性を最大化
    • 最大12の12ビットADC入力
      • シングルエンド、差動、または疑似差動範囲オプション:0~2.5V、±5V、0~+10V、-10V~0V
      • 設定可能なADCポートごとのサンプル平均化
      • ADC PIXIポートごとに固有な電圧リファレンス
    • 最大12の12ビットDAC出力
      • 範囲オプション:±5V、0~+10V、-10V~0V
      • 過電流保護付き電流ドライブ性能:25mA
    • 最大12の汎用デジタルI/O
      • GPI入力範囲:0~+5V
      • GPI設定可能なスレッショルド範囲:0~+2.5V
      • GPO設定可能な出力範囲:0~+10V
      • 任意の2端子間のロジックレベルシフト
    • 隣接するPIXIポート間の60Ωアナログスイッチ
    • 内部/外部温度センサー、精度±1℃
  • 特定アプリケーションの要件に適応しシステムニーズの変化に応じて容易に再設定可能
  • 高い機能設定能力によってPCBレイアウトの最適化が可能
  • 小型実装面積、少ない部品数でBOMコストを削減
    • 32ピンTQFN (25mm2)

アプリケーション/用途

  • 基地局RFパワーデバイスバイアスコントローラ
  • 光コンポーネントの制御
  • 産業用制御およびオートメーション
  • 電源監視
  • システム監視および制御
Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 12
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Int./Ext.
INL (±LSB) (max) 1.5
Supply Range (V) (min) 4.75
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 18
Settling Time (µs) (typ) 40
Package/Pins TQFN/32
Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 12
Conv. Rate (ksps) (max) 400
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 2.75
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 2.5
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$3.94 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX11311:ファンクションダイアグラム MAX11311:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX11311PMB1#ペリフェラルモジュール(Pmod)は、12チャネルプログラマブルミックスドシグナルI/OデバイスのMAX11311と、SPI通信用に設定可能なPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムとのインタフェースに必要なハードウェアを提供します。このデバイスは、12ビットマルチチャネルアナログ-デジタルコンバータ(ADC)とバッファ内蔵12ビットDAC出力を1つのICにしたものです。このデバイスは、ソフトウェアで設定可能な汎用I/Oポートも内蔵しています。1つのローカルおよび2つのリモート温度センサーによって、ジャンクション温度と環境温度のトラッキングが可能です。また、隣接するポートのペアをロジックトランスレータまたはアナログスイッチとして使用することもできます。各端子を設定可能なスレッショルドを備えたコンパレータの正の入力として使用することも可能です。

このデバイスの動作の詳細についてはMAX11311 ICのデータシートを、MunichボードとGUIの詳細についてはUSB2PMB1 (Munich)アダプタボードのデータシートを参照してください。ステップバイステップの評価の手順については、MAX11311ペリフェラルモジュールおよびMunichアダプタボードのクイックスタートガイドを参照してください。設計ツールの使用法の詳細については、「MAX11311 Configuration Software User Guide」を参照してください。

詳細を見る

特長

  • 最大12の12ビットADCプログラマブル入力
  • 最大12の12ビットDAC (電流能力:25mA)
    • オンボード電源:70mA (max、+12V時)
    • オンボード電源:30mA (typ、-12V時)
    • より大電流が必要な場合、VDDIOの外部電源を使用(VDDIOのジャンパを除去)
  • 最大12のデジタルI/O
  • 最大12のコンパレータ入力
  • ADCおよびDACのリファレンス:内部または外部
  • 各ポートのADCリファレンスを個別に選択可能
  • 内部温度センサー(-40℃~+125℃、精度±3℃)
  • 2つのリモート温度測定コントローラ(-40℃~+150℃、精度±3℃)
  • 2 × 6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX11311PMB1#ペリフェラルモジュール(Pmod)は、12チャネルプログラマブルミックスドシグナルI/OデバイスのMAX11311と、SPI通信用に設定可能なPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムとのインタフェースに必要なハードウェアを提供します。このデバイスは、12ビットマルチチャネルアナログ-デジタルコンバータ(ADC)とバッファ内蔵12ビットDAC出力を1つのICにしたものです。このデバイスは、ソフトウェアで設定可能な汎用I/Oポートも内蔵しています。1つのローカルおよび2つのリモート温度センサーによって、ジャンクション温度と環境温度のトラッキングが可能です。また、隣接するポートのペアをロジックトランスレータまたはアナログスイッチとして使用することもできます。各端子を設定可能なスレッショルドを備えたコンパレータの正の入力として使用することも可能です。

このデバイスの動作の詳細についてはMAX11311 ICのデータシートを、MunichボードとGUIの詳細についてはUSB2PMB1 (Munich)アダプタボードのデータシートを参照してください。ステップバイステップの評価の手順については、MAX11311ペリフェラルモジュールおよびMunichアダプタボードのクイックスタートガイドを参照してください。設計ツールの使用法の詳細については、「MAX11311 Configuration Software User Guide」を参照してください。

詳細を見る

特長

  • 最大12の12ビットADCプログラマブル入力
  • 最大12の12ビットDAC (電流能力:25mA)
    • オンボード電源:70mA (max、+12V時)
    • オンボード電源:30mA (typ、-12V時)
    • より大電流が必要な場合、VDDIOの外部電源を使用(VDDIOのジャンパを除去)
  • 最大12のデジタルI/O
  • 最大12のコンパレータ入力
  • ADCおよびDACのリファレンス:内部または外部
  • 各ポートのADCリファレンスを個別に選択可能
  • 内部温度センサー(-40℃~+125℃、精度±3℃)
  • 2つのリモート温度測定コントローラ(-40℃~+150℃、精度±3℃)
  • 2 × 6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 12
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Int./Ext.
INL (±LSB) (max) 1.5
Supply Range (V) (min) 4.75
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 18
Settling Time (µs) (typ) 40
Package/Pins TQFN/32
Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 12
Conv. Rate (ksps) (max) 400
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 2.75
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 2.5
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$3.94 @1k

主な機能

  • 12の設定可能なミックスドシグナルポートによってプラットフォーム全体の設計の柔軟性を最大化
    • 最大12の12ビットADC入力
      • シングルエンド、差動、または疑似差動範囲オプション:0~2.5V、±5V、0~+10V、-10V~0V
      • 設定可能なADCポートごとのサンプル平均化
      • ADC PIXIポートごとに固有な電圧リファレンス
    • 最大12の12ビットDAC出力
      • 範囲オプション:±5V、0~+10V、-10V~0V
      • 過電流保護付き電流ドライブ性能:25mA
    • 最大12の汎用デジタルI/O
      • GPI入力範囲:0~+5V
      • GPI設定可能なスレッショルド範囲:0~+2.5V
      • GPO設定可能な出力範囲:0~+10V
      • 任意の2端子間のロジックレベルシフト
    • 隣接するPIXIポート間の60Ωアナログスイッチ
    • 内部/外部温度センサー、精度±1℃
  • 特定アプリケーションの要件に適応しシステムニーズの変化に応じて容易に再設定可能
  • 高い機能設定能力によってPCBレイアウトの最適化が可能
  • 小型実装面積、少ない部品数でBOMコストを削減
    • 32ピンTQFN (25mm2)

アプリケーション/用途

  • 基地局RFパワーデバイスバイアスコントローラ
  • 光コンポーネントの制御
  • 産業用制御およびオートメーション
  • 電源監視
  • システム監視および制御

説明

MAX11311は、PIXI、12ビット、マルチチャネル、アナログ-デジタルコンバータ(ADC)と、12ビット、マルチチャネル、バッファ付きデジタル-アナログコンバータ(DAC)を1つの集積回路(IC)に内蔵しています。このデバイスは、ADCアナログ入力、DACアナログ出力、汎用入力(GPI)、汎用出力(GPO)、またはアナログスイッチ端子として設定可能な、12のミックスドシグナル高電圧、バイポーラポートを提供します。1つの内部および2つの外部温度センサーは、ジャンクション温度と環境温度を監視します。隣接するポートのペアは、オープンドレインデバイス用のロジックレベルトランスレータ、またはアナログスイッチとして設定可能です。

PIXIポートは、12ビットミックスドシグナルアプリケーションのための非常に柔軟なハードウェア設定を提供します。MAX11311は、アナログおよびデジタル機能の複合を必要とするアプリケーションに最適です。各ポートは個別に設定可能で、-10V~+10Vの範囲で最大4つの電圧範囲を選択可能です。

MAX11311は、ADCに設定された各ポートから2、4、8、16、32、64、または128のADCサンプルを平均化し、ノイズ性能を向上させることができます。DACに設定された出力ポートは、最大25mAを駆動可能です。GPIOポートは、ユーザー定義のロジックレベルに設定することが可能で、GPIとGPOの組合せによってロジックレベルトランスレータが形成されます。

内部および外部温度測定は、設定可能な下限および上限温度条件を監視し、1つまたは複数の条件が発生した場合、割込みを使用してホストに通知します。温度測定の結果は、シリアルインタフェースを介して利用可能です。

MAX11311は、低ノイズの2.5V電圧リファレンスを内蔵し、DACおよびADC用の個別の入力によって外部電圧リファレンスを使用するオプションも提供します。このデバイスは、4線式、20MHz、SPI対応シリアルインタフェースを使用し、5Vのアナログ電源および1.8V~5.0Vのデジタル電源で動作します。PIXIポートの電源電圧は、広い-12.0V~+12.0Vの範囲で動作します。

MAX11311は、32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)または48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mm)で提供され、-40℃~+105℃の温度範囲が保証されています。

FAQ:MAX11300

簡略化されたブロック図

MAX11311:ファンクションダイアグラム MAX11311:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。