先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート MAX11300の評価キット Jun 18, 2014
ユーザーガイド MAX11300PMB1 Peripheral Module and Munich (USB2PMB1) Adapter Board Quick Start Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大20の12ビットADCプログラマブル入力
  • 最大20の12ビットDAC (電流能力:25mA)
    • 内部電源:70mA (max、+12V時)
    • より大電流が必要な場合、VDDIOの外部電源を使用(VDDIOのジャンパを除去)
  • 最大20のデジタルI/O
  • 最大20のコンパレータ入力
  • ADCおよびDACのリファレンス:内部または外部
  • 各ポートのADCリファレンスを個別に選択可能
  • 内部温度センサー(-40℃~+125℃、精度±3℃)
  • 2つのリモート温度測定コントローラ(-40℃~+150℃、精度±3℃)
  • 2x6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 基地局RFパワーデバイスバイアスコントローラ
  • 光コンポーネントの制御
  • 産業用制御およびオートメーション
  • 電源監視
  • システム監視および制御

説明

MAX11300PMB1ペリフェラルモジュール(Pmod)は、20チャネルプログラマブルミックスドシグナルI/OデバイスのMAX11300と、SPI通信用に設定可能なPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムとのインタフェースに必要なハードウェアを提供します。このデバイスは、12ビットマルチチャネルアナログ-デジタルコンバータ(ADC)とバッファ内蔵12ビットDAC出力を1つのICにしたものです。このデバイスは、ソフトウェアで設定可能な汎用I/Oポートも内蔵しています。1つのローカルおよび2つのリモート温度センサーによって、ジャンクション温度と環境温度のトラッキングが可能です。また、隣接するポートのペアをロジックトランスレータまたはアナログスイッチとして使用することもできます。各端子を設定可能なスレッショルドを備えたコンパレータの正の入力として使用することも可能です。

デバイスの動作の詳細についてはMAX11300 ICのデータシートを、MunichボードとGUIの詳細についてはUSB2PMB1 (Munich)アダプタボードのデータシートを参照してください。ステップバイステップの評価の手順については、MAX11300ペリフェラルモジュールおよびMunichアダプタボードのクイックスタートガイドを参照してください。設計ツールの詳細な使用方法については、フルデータシートの中のMAX11300設定ソフトウェアユーザーガイドを参照してください。

簡易ブロック図

MAX11300PMB1、MAX11300SYS1の写真 MAX11300PMB1、MAX11300SYS1の写真 Zoom icon

技術資料

データシート MAX11300の評価キット Jun 18, 2014
ユーザーガイド MAX11300PMB1 Peripheral Module and Munich (USB2PMB1) Adapter Board Quick Start Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。