先頭に戻る

+3V、400ksps、4/8チャネル、8ビットADC、1µAパワーダウン付

パラレルインタフェース付き、低電力+3V 8ビットADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 8
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 400
Data Bus µP/8
ADC Architecture Flash
Diff/S.E. Input S.E. Only
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins PDIP/24
SSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.87
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 8
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 400
Data Bus µP/8
ADC Architecture Flash
Diff/S.E. Input S.E. Only
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins PDIP/24
SSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.87

主な特長

  • 電源:+3.0V~+3.6V単一
  • アナログ入力チャネル数:4 (MAX113)または8 (MAX117)
  • 低電力:
    • 1.5mA (動作モード)
    • 1µA (パワーダウンモード)
  • 全未調整誤差:1 LSB以下
  • 高速変換:1.8µs/チャネル
  • 外部クロック不要
  • 内部トラック/ホールド
  • レシオメトリックス用リファレンス入力
  • 内部接続の第8チャネルがリファレンス電圧を監視(MAX117)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • 通信システム
  • ポータブル機器
  • 遠隔データ収集
  • 健康管理システム

説明

MAX113/MAX117は、マイクロプロセッサコンパチブルの8ビット4チャネルおよび8チャネルA/Dコンバータ(ADC)です。+3V単一電源で動作し、ハーフフラッシュ技法により変換時間1.8µs (400ksps)を実現しています。パワーダウン(アクティブローPWRDN)ピンにより消費電流を1µA (typ)まで低減します。パワーダウンモードから通常動作モードまでの復帰時間は900ns以下であるため、Burst Mode®アプリケーションでの消費電流を著しく低減します(Burst ModeではADCは、指定された間隔でローパワー状態からウェイクアップしてアナログ入力信号をサンプリングします)。MAX113/MAX117はトラック/ホールド機能を備えているため、高速アナログ信号の数値化が可能です。

このADCは外部インタフェースロジックなしでI/Oポートまたはメモリロケーションとして扱うことができるため、マイクロプロセッサ(µP)インタフェースが単純になります。データ出力にはラッチ付スリーステートバッファ回路を用いているため、8ビットパラレルµPデータバスまたはシステム入力ポートに直接接続することができます。MAX113/MAX117は、レシオメトリック動作が可能な入力/リファレンス構成になっています。

4チャネルのMAX113は24ピンDIPまたはSSOPパッケージで供給されています。8チャネルのMAX117は28ピンDIPまたはSSOPパッケージで供給されています。+5Vの応用については、MAX114/118のデータシートを参照して下さい。

簡易ブロック図

MAX113、MAX117:ファンクションダイアグラム MAX113、MAX117:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。