先頭に戻る

デュアル24ビット、低電力、高いSN比、4kspsデルタシグマADC、PGA内蔵

業界唯一デュアル24ビットデルタシグマADC、地震計アプリケーション用

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 24
# Input Channels 2
Conv. Rate (ksps) (max) 4
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Diff. Only
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins TQFN HYBRID/40
Budgetary
Price (See Notes)
55.51
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 24
# Input Channels 2
Conv. Rate (ksps) (max) 4
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Diff. Only
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 3.6
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 1
Package/Pins TQFN HYBRID/40
Budgetary
Price (See Notes)
55.51

主な特長

  • 広いダイナミックレンジを必要とする計測アプリケーション向け高分解能
    • バッファモードSN比(31.25sps時):131dB
    • バッファモードSN比(2000sps時):114dB
  • 低電力
    • FIRフィルタ(1ksps)によるデジタル電流:500µA
    • アナログ電流PGA低電力モード:2.1mA
    • スリープ電流:1.2µA
  • DC測定用の高精度
    • INL:1ppm (typ)、4ppm (max)
  • 単一/スプリットアナログ電源によって柔軟な入力電圧範囲を提供
    • 2.7V~3.6V (単一電源)または±1.8V (スプリット電源)
  • デジタルフィルタ
    • 設定可能なSINC + FIR + IIR
    • リニア/最小位相応答
    • 設定可能なハイパスフィルタ
    • 選択可能なFIRデータレート:31.25sps~4ksps
  • システム統合を実現
    • 低ノイズおよび低電力モードPGA、1/2/4/8/16/32/64/128の利得
    • 信号バッファオプション
    • 2つの汎用I/O
  • オフセット/利得自己較正、およびシステム利得/オフセット較正レジスタ内蔵
  • 小型40ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATE
  • 高精度ポータブルセンサー
  • 医療用機器
  • 科学計測
  • 地震データ収集

説明

MAX11284は、ADC当り3.6mWの低消費電力で優れたSN比を実現するデュアル24ビットデルタシグマADCです。最大4kspsまでのサンプリングレートで高精度なDCおよびAC測定を行うことができます。積分非直線性(INL)は最大4ppmが保証され、THDは-120dBです。MAX11284は、SPI対応シリアルインタフェースを介して通信し、小型40ピンTQFNパッケージで提供されます。

PGAは、低ノイズ(9.1nV/√Hz)または低電力(13.6nV/√Hz)のいずれかのモードで動作することができ、1倍~128倍の選択可能な利得値を備えています。オプションのバッファも内蔵しているため、信号入力をスイッチドキャパシタサンプリング回路からの絶縁を提供します。これによって、利用可能なダイナミックレンジを犠牲にすることなく、このADCをハイインピーダンスソースとともに使用することができます。

MAX11284は、2.7V~3.6Vの単一アナログ電源、または±1.8Vのスプリットアナログ電源で動作するため、アナログ入力をグランド以下でサンプリングすることが可能です。デジタル電源範囲は、2.0V~3.6Vで、2.5V、3V、または3.3Vロジックでの通信が可能です。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。