先頭に戻る

16ビット、500ksps、±5V SAR ADC、リファレンス内蔵、µMAXパッケージ

業界最小、真のバイポーラ±5V、16ビットADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高いDCおよびAC精度によって測定品質を向上
    • 分解能:16ビット、ミッシングコードなし
    • スループットレート:500ksps、パイプライン遅延/レイテンシなし
    • SN比:92.3dB、THD:-101dB (10kHz時)
    • 入力換算ノイズ:0.5 LSBRMS
    • DNL:±0.2 LSB (typ)、INL:±0.75 LSB (typ)
  • 高集積ADCによってコストとスペースを削減
    • 内部リファレンス:±7ppm/℃
    • リファレンスバッファ内蔵
    • バイポーラアナログ入力範囲:±5V
  • 広い電源範囲と低電力によって電源設計を簡素化
    • アナログ電源:5V
    • デジタル電源:2.3V~5V
    • 消費電力:37.6mW (500ksps時)
    • シャットダウンモード:10µA
  • 複数の業界標準シリアルインタフェースと小型パッケージによってサイズを小型化
    • SPI/QSPI/MICROWIRE®/DSP対応シリアルインタフェース
    • 小型10ピンµMAXパッケージ(3mm x 5mm)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置
  • データ収集システム
  • 産業用プロセス制御
  • 医療用計測

説明

16ビット、500ksps、SAR ADC のMAX11168は、優れたACおよびDC性能を提供し、真のバイポーラ入力範囲、内部リファレンス、および小型サイズを備えています。MAX11168は単一の5V電源で動作し、±5V (10VP-P)の入力範囲を測定します。特許取得済みのチャージポンプアーキテクチャによって、ハイインピーダンスソースの直接サンプリングが可能です。MAX11168は、内部バッファを備えた低ドリフトのリファレンスを内蔵しているため、外部リファレンスのコストとスペースを節約することができます。

このADCは、92.3dBのSN比と-101dBのTHDを実現します。MAX11168は、16ビットのミッシングコードなし、および±0.75 LSB (typ)のINLを保証します。

MAX11168は、2.5V、3V、3.3V、または5VロジックでSPI対応シリアルインタフェースを使用して通信します。このシリアルインタフェースを使用すると、マルチチャネルアプリケーションで複数のADCをデイジーチェーン接続することが可能で、ビジーインジケータオプションによってシステムの同期とタイミングを簡素化することもできます。

MAX11168は、10ピンµMAX®パッケージ(3mm x 5mm)で提供され、-40℃~+85℃での動作が保証されています。

携帯アプリ

簡易ブロック図

MAX11168:標準動作回路 MAX11168:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。