先頭に戻る

低コスト、2チャネル、±14ビットシリアルADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 14
# Input Channels 2
Conv. Rate (ksps) (max) 0.05
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Both
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 5.3
Unipolar VIN (V) (max) 1.8
Bipolar VIN (±V) (max) 5.3
INL (±LSB) 4.9
Package/Pins PDIP/16
SOIC (W)/16
SSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.93
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 14
# Input Channels 2
Conv. Rate (ksps) (max) 0.05
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Both
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 5.3
Unipolar VIN (V) (max) 1.8
Bipolar VIN (±V) (max) 5.3
INL (±LSB) 4.9
Package/Pins PDIP/16
SOIC (W)/16
SSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.93

主な特長

  • 電源:+5V単一(MAX111)
  • 入力:差動2チャネル
  • 14ビット分解能+サインおよびオーバレンジ
  • リニアリティ:
    • 0.03% (MAX110)
    • 0.05% (MAX111)
  • 低消費電力:
    • 550µA (MAX110)
    • 640µA (MAX111)
    • 4µAのシャットダウン電流
  • 変換数:最大50回/秒
  • 50Hz/60Hzのリジェクション
  • 自動キャリブレーションモード
  • 外付部品不要
  • 16ピンDIP/SO、20ピンSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • データ収集
  • パネルメータ
  • プロセス制御
  • 温度測定
  • 重量計

説明

MAX110/MAX111は、自動較正機能を内蔵したA/Dコンバータ(ADC)で、外付部品なしで14ビット分解能およびオーバレンジを実現します。消費電流は僅か550µA (MAX110)で、パワーダウン時には4µAまで低減するため、高分解能のバッテリ駆動およびリモートセンシング用途に最適です。高速シリアルインタフェースにより信号配線と光絶縁が容易になり、マイクロコントローラのピン数が節約できるだけでなく、SPI™、QSPI™およびMICROWIRE™に適合します。MAX110は±5V電源で動作し、-3V~+3Vの範囲の差動アナログ信号を変換します。MAX111は+5V単一電源で動作し、±1.5Vの差動アナログ信号または0V~+1.5Vのシングルエンド信号を変換します。

内部較正機能によって、オフセットとゲインエラー補正がマイクロプロセッサ(µP)制御により行えるようになっています。どちらの製品も省スペースの16ピンDIP/SOパッケージおよびさらに小型の20ピンSSOPパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX110、MAX111:標準動作回路 MAX110、MAX111:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。