先頭に戻る

24/16ビット、4チャネル、同時サンプリング、カスケード接続可能、デルタシグマADC

最大32個の同時チャネルをカスケード接続可能なデルタシグマADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 24
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 64
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2.3
External VREF (V) (max) 2.7
Bipolar VIN (±V) (max) 2.2
INL (±LSB) 167.77216
Package/Pins TSSOP/38
Budgetary
Price (See Notes)
14.51
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 24
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 64
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2.3
External VREF (V) (max) 2.7
Bipolar VIN (±V) (max) 2.2
INL (±LSB) 167.77216
Package/Pins TSSOP/38
Budgetary
Price (See Notes)
14.51

主な特長

  • エネルギー測定システムに最適な機能一式
    • 4つの完全差動同時サンプリングチャネル
    • カスケード接続によって最大32チャネルの同時サンプリングが可能
    • 設定可能なサンプリング位相によって位相シフト補償を実現
      • 0~333µs、1.33µsステップ
    • 設定可能な出力データレート(分解能0.065%)
  • 優れた性能によって高精度測定アプリケーションを実現
    • SN比:117dB (1ksps時)
    • SN比:106dB (16ksps時)
    • 誤差:0.25% (1000:1の全ダイナミックレンジ)
    • フルスケール入力範囲:±2.2V
  • 単一電源動作と保護された入力によって設計の簡素さと堅牢性を実現
    • アナログ電源電圧:3.0V~3.6V
    • デジタル電源電圧:2.7V~VAVDD
    • 入力過電圧保護:±6V
    • 動作温度範囲:-40℃~+105℃

アプリケーション/用途

  • 産業用データ収集システム
  • 医療用計測
  • マルチ位相パワーシステム
  • 電源保護リレー機器

説明

MAX11040K/MAX11060は、24/16ビット、4チャネル、同時サンプリング、デルタシグマアナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。これらのデバイスは、最大8つのデバイスを同期する内蔵のカスケード機能を使用して最大32チャネルの同時サンプリングが可能です。これらのデバイスのシリアルインタフェースによって、単一のコマンドを使ってすべてのカスケード接続したデバイスからデータを読み取ることができます。4つの変調器が0.25ksps~64ksps範囲に設定可能なデータ出力レートで各完全差動アナログ入力を同時変換します。これらのデバイスは、106dBのSN比(16ksps時)および117dBのSN比(1ksps時) (MAX11040K)を達成します。これらのデバイスは、+3Vの単一電源で動作します。差動アナログ入力範囲は、内部リファレンスを使用した場合±2.2Vです。外部リファレンスはオプションです。各入力は損傷なしで最大±6Vまで過電圧保護されます。これらのデバイスは、内部水晶発振器、または外部クロックソースを使用します。

これらのデバイスは、SPI、QSPI™、MICROWIRE®、およびDSP対応の4線式シリアルインタフェースに対応しています。内蔵のインタフェースロジックによって、1つのシリアルインタフェースが(単一のチップセレクトで)、最大8つのカスケードデバイスまたは32の同時サンプリングアナログ入力チャネルを制御することができます。

これらのデバイスは、パワーマネージメントシステムに最適です。各チャネルは、入力での外部ディバイダ、トランス、またはフィルタに起因する位相シフトの内部補償を可能にする調節可能なサンプリング位相を備えています。出力データレートは、0.065%の分解能(16ksps以下の場合)で調整可能で、周期的入力で変動する周波数をトラッキングすることができます。アクティブローSYNC入力によって、リモートタイミングソースを使用して複数のデバイスの変換タイミングの定期的なアラインメントが可能です。

これらのデバイスは、38ピンTSSOPパッケージで提供され、-40℃~+105℃の工業用温度範囲が保証されています。

簡易ブロック図

MAX11040K、MAX11060:ファンクションダイアグラム MAX11040K、MAX11060:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。