先頭に戻る

150ksps、10ビット、2チャネルシングルエンド、および1チャネル、真の差動ADC、SOT23およびTDFN

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源動作
    • +3V (MAX1087/MAX1089)
    • +5V (MAX1086/MAX1088)
  • 各変換の間のAutoShutdown
  • 低電力
    • 200µA (150ksps)
    • 130µA (100ksps)
    • 65µA (50ksps)
    • 13µA (10ksps)
    • 1.5µA (1ksps)
    • 0.2µA (シャットダウン)
  • 完全差動トラック/ホールド、サンプリング速度:150kHz
  • ソフトウェア設定可能なユニポーラ/バイポーラ変換(MAX1088/MAX1089のみ)
  • SPI、QSPI、MICROWIRE対応のDSPおよびプロセッサ用インタフェース
  • 内部変換クロック
  • 8ピンSOT23および8ピンTDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 車載用パッセンジャ・コンパートメント
  • 車載用センサー
  • 産業用センサ・トランスミッタ/トランスデューサ
  • 産業用センサ・トランスミッタ/トランスデューサ
  • モータおよび動作制御
  • ポータブル患者監視装置/デリバリ
  • ポータブル試験計器
  • プログラマブルロジックコントローラ
  • センサ-力
  • センサ-圧力
  • 試験および測定機器
  • X線および超音波診断装置

説明

MAX1086~MAX1089は、小型8ピンSOT23パッケージに収められた低コスト、低消費電力のシリアル出力10ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)です。MAX1086/MAX1088は、単一の+5V電源で動作します。MAX1087/MAX1089は、単一の+3V電源で動作します。これらのデバイスには、逐次比較ADC、自動シャットダウン、高速ウェイクアップ(1.4µs)、高速3線式インタフェースの各機能があります。電力消費は、最大150kspsのサンプリング速度で僅か0.5mW (VDD = +2.7V)です。各変換の間にAutoShutdown™ (0.1µA)を行なうことにより、処理速度は遅くなりますが電力消費が低減します。

MAX1086/MAX1087は、2チャネルのシングルエンド動作を行ない、0~VREFの入力信号を取り込みます。MAX1088/MAX1089は、0~VREFの範囲の完全差動入力を取り込みます。データには、3線式SPI™、QSPI™、MICROWIRE™対応のシリアルインタフェースにより外部クロックを用いてアクセスします。ダイナミック性能が優れ、低電力で使い易く、小型パッケージであることから、これらのコンバータは携帯型バッテリ電源方式のデータ収集アプリケーションや低電力消費と最小スペースが要求されるアプリケーションに最適です。

簡易ブロック図

MAX1086、MAX1087、MAX1088、MAX1089:ピン配置 MAX1086、MAX1087、MAX1088、MAX1089:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。