先頭に戻る

58.6ksps、14ビット、2線シリアルADC、14ピンTSSOP

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 14
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 58
Data Bus I2C
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 1
External VREF (V) (max) 5.5
Unipolar VIN (V) (max) 4.096
INL (±LSB) 3
Package/Pins TSSOP/14
Budgetary
Price (See Notes)
14.96
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

主な特長

  • 高速I²C対応シリアルインタフェース
    • 400kHzファーストモード
    • 1.7MHzハイスピードモード
  • +4.75V~+5.25V単一電源
  • 可変ロジックレベル:+2.7V~+5.5V
  • +4.096V内部リファレンス
  • 外部リファレンス:1V~VAVDD内部4MHz変換クロック
  • 58.6kspsサンプリングレート
  • 無変換期間のAutoShutdown
  • 低消費電力
    • 58.6kspsで5.0mW
    • 50kspsで4.2mW
    • 10kspsで2.0mW
    • 1kspsで0.23mW
    • シャットダウン時3µW
  • 小型14ピンTSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動試験装置
  • ハンドヘルドポータブルアプリケーション
  • 医療用機器
  • 受信信号強度インジケータ
  • ソーラーパワー遠隔システム
  • システム監視

説明

MAX1069は、低消費電力、14ビット、逐次比較型アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)です。このデバイスは、自動パワーダウン、オンチップ4MHzクロック、+4.096V内部リファレンス、およびファースト/ハイスピードの両モードが可能なI²C対応2線シリアルインタフェースが特長です。

MAX1069は単一電源で動作し、58.6kspsの最大変換レートで消費電力は5mWです。また、AutoShutdown™により変換と変換の間にデバイスがパワーダウンされ、1kspsのスループットレートでの消費電流は50µA以下に減少します。別個のディジタル電源電圧を選択すると、+2.7V~+5.5Vディジタルロジックと直接インタフェースできます。

MAX1069では、内部4MHzクロックを使って単一アナログ入力のユニポーラ変換を行います。フルスケールのアナログ入力範囲は、内蔵リファレンスまたは外部印加の1V~VAVDDリファレンス電圧によって決まります。

また、4つのアドレス選択入力(ADD0~ADD3)によって、同一バス上で最大16個のMAX1069デバイスに対応できます。

MAX1069は14ピンTSSOPに封止され、民生用および拡張温度範囲の両方を用意しています。ピンコンパチブルパッケージの16ビットデバイスについては、MAX1169をご参照ください。

簡易ブロック図

MAX1069:標準アプリケーション回路 MAX1069:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。