先頭に戻る

2.7V~5.5V、低電力、4/12チャネル、2線シリアル8ビットADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 8
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 188
Data Bus I2C
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 1
External VREF (V) (max) 5
Unipolar VIN (V) (max) 4.096
Bipolar VIN (±V) (max) 2.048
INL (±LSB) 1
Package/Pins SOT23/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.25
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 8
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 188
Data Bus I2C
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 1
External VREF (V) (max) 5
Unipolar VIN (V) (max) 4.096
Bipolar VIN (±V) (max) 2.048
INL (±LSB) 1
Package/Pins SOT23/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.25

主な特長

  • 高速I²C対応シリアルインタフェース
    • 400kHzファーストモード
    • 1.7MHzハイスピードモード
  • 単一電源
    • 2.7V~3.6V (MAX1037/MAX1039)
    • 4.5V~5.5V (MAX1036/MAX1038)
  • 内蔵リファレンス
    • 2.048V (MAX1037/MAX1039)
    • 4.096V (MAX1036/MAX1038)
  • 外部リファレンス:1V~VDD
  • 内蔵クロック
  • 4チャネルシングルエンドまたは2チャネル擬似差動(MAX1036/MAX1037)
  • 12チャネルシングルエンドまたは6チャネル擬似差動(MAX1038/MAX1039)
  • チャネルスキャンモード付内蔵FIFO
  • 低消費電力
    • 188kspsで350µA
    • 75kspsで110µA
    • 10kspsで8µA
    • パワーダウンモードで1µA
  • ソフトウェアにより設定可能なユニポーラ/バイポーラ
  • 小型パッケージ
    • 8ピンSOT23 (MAX1036/MAX1037)
    • 16ピンQSOP (MAX1038/MAX1039)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動試験装置
  • ハンドヘルドポータブルアプリケーション
  • 医療用機器
  • 受信信号強度インジケータ
  • ソーラーパワー遠隔システム
  • システム監視

説明

低電力、8ビット、マルチチャネル、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)のMAX1036 ~MAX1039は、内蔵の、トラック/ホールド(T/H)、電圧リファレンス、クロック、およびI²C対応の2線シリアルインタフェースが特長です。これらのデバイスは単一電源で動作し、188kspsの最大サンプリングレートにおける電流はわずか350µAです。AutoShutdown™は、変換と変換の間にデバイスをパワーダウンし、低スループットレートでは消費電流を1µA以下に低減します。MAX1036/MAX1037はともに4個のアナログ入力チャネルを備え、MAX1038/MAX1039は12個のアナログ入力チャネルを備えています。また、アナログ入力は、ユニポーラかバイポーラの動作、およびシングルエンドか擬似差動の動作にソフトウェアで設定することができます。

フルスケールのアナログ入力範囲は、内蔵リファレンスまたは外部から印加される1V~VDDのリファレンス電圧によって決定されます。MAX1037/MAX1039の内蔵リファレンスは2.048V、MAX1036/MAX1038の内蔵リファレンスは4.096Vです。

MAX1036/MAX1037は、8ピンSOT23パッケージで提供されます。MAX1038/MAX1039は、16ピンQSOPパッケージで提供されます。また、MAX1036~MAX1039は、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)を保証しています。10ビットデバイスについてはMAX1136~MAX1139を、12ビットデバイスについてはMAX1236~MAX1239をご参照ください。

簡易ブロック図

MAX1036、MAX1037、MAX1038、MAX1039:標準動作回路 MAX1036、MAX1037、MAX1038、MAX1039:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。