先頭に戻る

8および4チャネル、±3 x VREFマルチレンジ入力、シリアル14ビットADC

低電力、マルチチャネルADC、±3 x VREF入力レンジ

製品の詳細

マルチレンジ、低電力、14ビット、逐次比較型アナログ-デジタルコンバータ(ADC)のMAX1032/MAX1033は+5Vの単一電源で動作し、最高115kspsのスループットレートを実現します。独立したデジタル電源によって、SPI/QSPI/MICROWIRE®対応のシリアルインタフェースを通じて2.7V~5.25Vのシステムとのデジタルインタフェースが可能です。パーシャルパワーダウンモードでは、消費電流は1.3mA (typ)に低減します。フルパワーダウンモードでは、消費電流は1µA (typ)に低減します。

MAX1032は、8個(シングルエンド)または4個(真の差動)のアナログ入力チャネルを備えています。MAX1033は、4個(シングルエンド)または2個(真の差動)のアナログ入力チャネルを備えています。各アナログ入力チャネルは、7つのシングルエンド入力範囲0~(3 × VREF)/2、(-3 × VREF)/2~0、0~3 × VREF、-3 × VREF~0、(±3 × VREF)/4、(±3 × VREF)/2、±3 × VREFと、3つの差動入力範囲(±3 × VREF)/2、±3 × VREF、±6 × VREFにソフトウェアで個別に設定可能です。

+4.096Vのリファレンスを内蔵することで、小型の使いやすいADCソリューションを提供します。またMAX1032/MAX1033は、3.800V~4.136Vの外部リファレンス電圧も許容します。

MAX1032は24ピンTSSOPパッケージで提供され、MAX1033は20ピンTSSOPパッケージで提供されます。各デバイスは、-40℃~+85℃での動作が保証されています。

主な機能

  • チャネルごとにソフトウェア可変の入力範囲
  • シングルエンド入力範囲(VREF = 4.096V)
    • (0~(3 × VREF)/2、(-3 × VREF)/2~0、0~3 × VREF、-3 × VREF~0、(±3 × VREF)/4、(±3 × VREF)/2、±3 × VREF)
  • 差動入力範囲
    • (±3 × VREF)/2、±3 × VREF、±6 × VREF
  • 8個のシングルエンドまたは4個の差動アナログ入力(MAX1032)
  • 4個のシングルエンドまたは2個の差動アナログ入力(MAX1033)
  • 許容過大入力電圧:±16.5V
  • 内部または外部リファレンス
  • 最高サンプルレート:115ksps
  • 単一電源:+5V
  • 20/24ピンTSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • アビオニクス
  • データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • ロボット工学
Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 14
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 115
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 3.8
External VREF (V) (max) 4.136
Unipolar VIN (V) (max) 12.288
Bipolar VIN (±V) (max) 12.288
INL (±LSB) 0.25
Package/Pins TSSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
$7.50 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1032、MAX1033:ブロックダイアグラム MAX1032、MAX1033:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 14
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 115
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input Both
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 3.8
External VREF (V) (max) 4.136
Unipolar VIN (V) (max) 12.288
Bipolar VIN (±V) (max) 12.288
INL (±LSB) 0.25
Package/Pins TSSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
$7.50 @1k

主な機能

  • チャネルごとにソフトウェア可変の入力範囲
  • シングルエンド入力範囲(VREF = 4.096V)
    • (0~(3 × VREF)/2、(-3 × VREF)/2~0、0~3 × VREF、-3 × VREF~0、(±3 × VREF)/4、(±3 × VREF)/2、±3 × VREF)
  • 差動入力範囲
    • (±3 × VREF)/2、±3 × VREF、±6 × VREF
  • 8個のシングルエンドまたは4個の差動アナログ入力(MAX1032)
  • 4個のシングルエンドまたは2個の差動アナログ入力(MAX1033)
  • 許容過大入力電圧:±16.5V
  • 内部または外部リファレンス
  • 最高サンプルレート:115ksps
  • 単一電源:+5V
  • 20/24ピンTSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • アビオニクス
  • データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • ロボット工学

説明

マルチレンジ、低電力、14ビット、逐次比較型アナログ-デジタルコンバータ(ADC)のMAX1032/MAX1033は+5Vの単一電源で動作し、最高115kspsのスループットレートを実現します。独立したデジタル電源によって、SPI/QSPI/MICROWIRE®対応のシリアルインタフェースを通じて2.7V~5.25Vのシステムとのデジタルインタフェースが可能です。パーシャルパワーダウンモードでは、消費電流は1.3mA (typ)に低減します。フルパワーダウンモードでは、消費電流は1µA (typ)に低減します。

MAX1032は、8個(シングルエンド)または4個(真の差動)のアナログ入力チャネルを備えています。MAX1033は、4個(シングルエンド)または2個(真の差動)のアナログ入力チャネルを備えています。各アナログ入力チャネルは、7つのシングルエンド入力範囲0~(3 × VREF)/2、(-3 × VREF)/2~0、0~3 × VREF、-3 × VREF~0、(±3 × VREF)/4、(±3 × VREF)/2、±3 × VREFと、3つの差動入力範囲(±3 × VREF)/2、±3 × VREF、±6 × VREFにソフトウェアで個別に設定可能です。

+4.096Vのリファレンスを内蔵することで、小型の使いやすいADCソリューションを提供します。またMAX1032/MAX1033は、3.800V~4.136Vの外部リファレンス電圧も許容します。

MAX1032は24ピンTSSOPパッケージで提供され、MAX1033は20ピンTSSOPパッケージで提供されます。各デバイスは、-40℃~+85℃での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX1032、MAX1033:ブロックダイアグラム MAX1032、MAX1033:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。