先頭に戻る

クラス最高の光学式パルスオキシメーターおよび心拍数センサーAFE、ウェアラブルヘルス用

クラス最高のSN比で低潅流および新しい使用例に対応

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Bio-Sensors
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 109
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins THIN WLP/24
Budgetary
Price (See Notes)
3.31
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Bio-Sensors
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 109
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins THIN WLP/24
Budgetary
Price (See Notes)
3.31

主な特長

  • 完全なデュアルチャネル光データ-収集システム
    • 超低電力動作によってウェアラブル機器に対応
    • 低電力動作、光読取りチャネル:11µA以下(25fps時)
    • 露出積分時間:14.6µs~117.1µs
    • 低シャットダウン電流:1µA以下
  • 優れたトップエンドダイナミックレンジ:91dB以上(ホワイトカードループバックテスト、ナイキストサンプル間偏差)
  • 拡張ダイナミックレンジ:最大110dB (平均化およびチップ外フィルタ処理)
  • 対応フレームレート:1fps~2.9kfps
  • 高分解能20ビット電荷積分ADC
  • 4つのPD入力に対応しマルチパラメータ測定が可能
  • 3つの8ビットLED電流ドライバによって生成される6つのLEDドライバ出力端子に対応
  • 低暗電流ノイズ:50pARMS以下(サンプル間偏差、積分時間117.1µs)
  • 優れた環境光範囲および除去機能
    • 環境光検出器電流:200µA
    • 環境光除去:70dB以上(120Hz)
  • 超小型WLPパッケージ(2.78mm × 1.71mm、6 × 4、0.4mmピッチ)
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • フィットネス、ウェルネス、および医療用ウェアラブル機器
  • 医療用精度
  • 手首、指、耳、およびその他の部位に最適
  • 体水分率
  • 心拍変動
  • 最大酸素摂取量(VO2 max)
  • 筋および組織酸素飽和度(SmO2およびStO2)
  • 光心拍数
  • 以下の検出用に最適化された性能:
  • 酸素飽和度(SpO2)

説明

MAX86170Aは超低電力光データ収集システムで、送信と受信の両方のチャネルを備えています。トランスミッタ側では、MAX86170Aは3つの高電流、8ビットLEDドライバから設定可能な、6つのLEDドライバ出力端子を備えています。レシーバ側では、MAX86170Aは2つの低ノイズ電荷積分フロントエンドを備え、それぞれが個別の20ビットADCおよびクラス最高の環境光除去(ALC)回路を内蔵し、現在市場で最高性能の集積型光データ収集システムとなっています。

低消費電力、小型サイズ、使用の容易さ/柔軟性によって、MAX86170Aはパルスオキシメーターおよび心拍数検出などの多様な光検出アプリケーションに最適です。

MAX86170Aは1.8Vの主電源電圧と3.1V~5.5VのLEDドライバ電源電圧で動作します。このデバイスはI2CおよびSPI対応インタフェースの両方に完全自律的な形で対応します。このデバイスは大容量256ワードFIFOを内蔵しています。

MAX86170Aは小型WLPパッケージ(2.78mm × 1.71mm、6 × 4、0.4mmピッチ)で提供されます。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。