先頭に戻る

超低電力、高ダイナミック性能、22Mspsアナログフロントエンド

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • デュアル8ビットADCおよびデュアル10ビットDACを内蔵
  • 超低電力
    • 42mW (fCLK = 22MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 34mW (fCLK = 15.36MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 低消費電流アイドルおよびシャットダウンモード
  • 優れたダイナミック性能
    • 48.5dB SINAD (fIN = 5.5MHzの場合) (ADC)
    • 71.7dB SFDR (fOUT = 2.2MHzの場合) (DAC)
  • 優れた利得/位相マッチング
    • ±0.1°位相、±0.03dB利得(fIN = 5.5MHz時) (ADC)
  • 内部または外部リファレンスを選択可能
  • ディジタル出力レベル(TTL/CMOSコンパチブル):+1.8V~+3.3V
  • ADC/DAC用マルチプレックス型パラレルディジタル入出力
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)
  • 評価キットを提供(MAX5865EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • 3Gワイヤレス端末
  • 固定/モバイルブロードバンドワイヤレスモデム
  • 狭帯域/広帯域CDMA携帯電話
  • PDA

説明

MAX5864は超低電力、高集積度アナログフロントエンドで、ハンドセット、PDA、WLAN、および3Gワイヤレス端末などのポータブル通信機器に最適です。MAX5864はデュアル8ビット受信ADCおよびデュアル10ビット送信DACを内蔵し、超低電力で最高のダイナミック性能を発揮します。ADCのアナログI-Q入力アンプは完全差動化され、1VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.1°であり、振幅マッチングは±0.03dBです。ADCは、fIN = 5.5MHzおよびfCLK = 22Mspsの場合、48.5dBのSINADおよび69dBcのスプリアスフリーダイナミックレンジ(SFDR)を備えています。DACのアナログI-Q出力は、±400mVのフルスケール出力と1.4Vのコモンモードレベルで完全差動化されています。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.15°であり、標準振幅マッチングは±0.05dBです。またDACは、fOUT = 2.2MHzおよびfCLK = 22MHzの場合、71.7dBc SFDRおよび57dB SNRのデュアル10ビット分解能も備えています。

ADCおよびDACは、周波数分割デュープレックス(FDD)および時分割デュープレックス(TDD)モードに対して同時または独立して動作します。3線式シリアルインタフェースを通じて、パワーダウンとトランシーバの動作モードが制御されます。トランシーバモードで同時に動作するADCおよびDACの場合は、fCLK = 22Mspsにおいて標準動作電力は42mWです。MAX5864は、全動作電源範囲および温度範囲で安定した1.024Vの内部電圧リファレンスを内蔵しています。MAX5864は、+2.7V~+3.3Vアナログ電源と+1.8V~+3.3VディジタルI/O電源で動作し、ロジックコンパチビリティを実現します。自己消費電流はアイドルモードで5.6mA、シャットダウンモードで1µAです。MAX5864は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、48ピンTQFNパッケージで提供されます。 ピンコンパチブルAFEの総合ファミリのパラメータ表を参照してください。

簡易ブロック図

MAX5864:ファンクションダイアグラム MAX5864:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。