先頭に戻る

超低電力、高ダイナミック性能、7.5Mspsアナログフロントエンド

製品の詳細

MAX5863は超低電力、高集積度アナログフロントエンドで、ハンドセット、PDA、WLAN、および3Gワイヤレス端末などのポータブル通信機器に最適です。MAX5863はデュアル8ビット受信ADCおよびデュアル10ビット送信DACを内蔵し、超低電力で最高のダイナミック性能を発揮します。ADCのアナログI-Q入力アンプは完全差動化され、1VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.03°であり、振幅マッチングは±0.03dBです。ADCは、fIN = 1.875MHzおよびfCLK = 7.5Mspsの場合、48.5dBのSINADと69dBcのスプリアスフリーダイナミックレンジ(SFDR)を備えています。DACのアナログI-Q出力は、±400mVのフルスケール出力と1.4Vのコモンモードレベルで完全差動化されています。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.15°であり、標準利得マッチングは±0.05dBです。またDACは、fOUT = 620kHzおよびfCLK = 7.5MHzの場合、73dBc SFDRおよび61dB SNRのデュアル10ビット分解能も備えています。

ADCおよびDACは、周波数分割デュープレックス(FDD)および時分割デュープレックス(TDD)モードに対して同時または独立して動作します。3線式シリアルインタフェースを通じて、パワーダウンとトランシーバの動作モードが制御されます。トランシーバモードで同時に動作するADCおよびDACの場合は、fCLK = 7.5Mspsにおいて標準動作電力は22.8mWです。MAX5863は、全動作電源範囲および温度範囲で安定した1.024Vの内部電圧リファレンスを内蔵しています。MAX5863は、+2.7V~+3.3Vアナログ電源と+1.8V~+3.3VディジタルI/O電源で動作し、ロジックコンパチビリティを実現します。自己消費電流はIdle Mode™で3.5mA、シャットダウンモードで1µAです。MAX5863は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、48ピンTQFNパッケージで提供されます。ピンコンパチブルAFEの総合ファミリのパラメータ表を参照してください。

主な機能

  • デュアル8ビットADCおよびデュアル10ビットDACを内蔵
  • 超低電力
    • 22.8mW (fCLK = 7.5MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 20.7mW (fCLK = 5.2MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 低消費電流アイドルおよびシャットダウンモード
  • 優れたダイナミック性能
    • 48.5dB SINAD (fIN = 1.875MHzの場合) (ADC)
    • 73dBc SFDR (fOUT = 620kHzの場合) (DAC)
  • 優れた利得/位相マッチング
    • ±0.03°位相、±0.03dB利得(fIN = 1.875MHz時) (ADC)
  • 内部または外部リファレンスを選択可能
  • ディジタル出力レベル(TTL/CMOSコンパチブル):+1.8V~+3.3V
  • ADC/DAC用マルチプレックス型パラレルディジタル入出力
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)
  • 評価キットを提供(MAX5865EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • 3Gワイヤレス端末
  • 固定/モバイルブロードバンドワイヤレスモデム
  • 狭帯域/広帯域CDMA携帯電話
  • PDA
Parametric specs for Fast CODECs / Analog Front-End (AFE)
# Input Channels (ADC) 2
Conversion Speed (Msps) (ADC) 7.5
SNR (dB) (@ fIN) 48.6 @ 1.875MHz
Resolution (bits) (DAC) 10
Output Chan. (DAC) 2
Speed (Msps) (DAC) 7.5
SFDR (dBc) (@ fOUT) 73 @ 620kHz
THD (dBc) (@ fOUT) -71 @ 620kHz
Noise Spectral Density (dBFS/Hz) (@ fOUT) -127 @ 620kHz
VSUPPLY (V) 1.8
2.7 to 3.3
Package/Pins TQFN/48
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX5863:ファンクションダイアグラム MAX5863:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX5865の評価キット(EVキット)は、40MspsアナログフロントエンドのMAX5865の性能評価に必要な全部品を備えた完全実装および試験済み回路ボードです。MAX5865は、デュアルチャネルアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)、デュアルチャネルディジタル-アナログコンバータ(DAC)、および1.024Vの電圧リファレンスを内蔵しています。この評価キットボードはACまたはDC結合として、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、受信用ADCに入力し、送信用DACの差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。評価キットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路も内蔵しています。評価キットは、+3.0Vアナログ電源、+3.0Vディジタル電源、および±5Vバイポーラ電源で動作します。

評価キットには、MAX5865の機能を実行するためのインタフェースを提供するWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアが付属されています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示を備えるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。このGUIを使って、MAX5865 SPIコンパチブルシリアルインタフェースを制御することができます。

MAX5865の評価キットは、22MspsのMAX5864や7.5MspsのMAX5863といったアナログフロントエンドICも評価することができます(ただしICの置換えが必要です)。

詳細を見る

特長

  • 迅速にダイナミック性能を評価
  • 50Ωに整合されたクロック入力およびアナログ信号ライン
  • シングルエンドから完全差動までアナログ入力信号への変換回路を搭載
  • 差動からシングルエンドへの出力信号変換回路
  • ACまたはDC結合入力信号構成が可能
  • クロック入力、アナログ入力、およびアナログ出力用にSMA同軸コネクタ
  • クロック整形回路を搭載
  • 高速回路用に設計されたPCBを使用
  • 完全実装および試験済み
  • Windows対応ソフトウェア

説明

MAX5865の評価キット(EVキット)は、40MspsアナログフロントエンドのMAX5865の性能評価に必要な全部品を備えた完全実装および試験済み回路ボードです。MAX5865は、デュアルチャネルアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)、デュアルチャネルディジタル-アナログコンバータ(DAC)、および1.024Vの電圧リファレンスを内蔵しています。この評価キットボードはACまたはDC結合として、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、受信用ADCに入力し、送信用DACの差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。評価キットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路も内蔵しています。評価キットは、+3.0Vアナログ電源、+3.0Vディジタル電源、および±5Vバイポーラ電源で動作します。

評価キットには、MAX5865の機能を実行するためのインタフェースを提供するWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアが付属されています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示を備えるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。このGUIを使って、MAX5865 SPIコンパチブルシリアルインタフェースを制御することができます。

MAX5865の評価キットは、22MspsのMAX5864や7.5MspsのMAX5863といったアナログフロントエンドICも評価することができます(ただしICの置換えが必要です)。

詳細を見る

特長

  • 迅速にダイナミック性能を評価
  • 50Ωに整合されたクロック入力およびアナログ信号ライン
  • シングルエンドから完全差動までアナログ入力信号への変換回路を搭載
  • 差動からシングルエンドへの出力信号変換回路
  • ACまたはDC結合入力信号構成が可能
  • クロック入力、アナログ入力、およびアナログ出力用にSMA同軸コネクタ
  • クロック整形回路を搭載
  • 高速回路用に設計されたPCBを使用
  • 完全実装および試験済み
  • Windows対応ソフトウェア

説明

MAX5865の評価キット(EVキット)は、40MspsアナログフロントエンドのMAX5865の性能評価に必要な全部品を備えた完全実装および試験済み回路ボードです。MAX5865は、デュアルチャネルアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)、デュアルチャネルディジタル-アナログコンバータ(DAC)、および1.024Vの電圧リファレンスを内蔵しています。この評価キットボードはACまたはDC結合として、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、受信用ADCに入力し、送信用DACの差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。評価キットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路も内蔵しています。評価キットは、+3.0Vアナログ電源、+3.0Vディジタル電源、および±5Vバイポーラ電源で動作します。

評価キットには、MAX5865の機能を実行するためのインタフェースを提供するWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアが付属されています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示を備えるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。このGUIを使って、MAX5865 SPIコンパチブルシリアルインタフェースを制御することができます。

MAX5865の評価キットは、22MspsのMAX5864や7.5MspsのMAX5863といったアナログフロントエンドICも評価することができます(ただしICの置換えが必要です)。

詳細を見る

特長

  • 迅速にダイナミック性能を評価
  • 50Ωに整合されたクロック入力およびアナログ信号ライン
  • シングルエンドから完全差動までアナログ入力信号への変換回路を搭載
  • 差動からシングルエンドへの出力信号変換回路
  • ACまたはDC結合入力信号構成が可能
  • クロック入力、アナログ入力、およびアナログ出力用にSMA同軸コネクタ
  • クロック整形回路を搭載
  • 高速回路用に設計されたPCBを使用
  • 完全実装および試験済み
  • Windows対応ソフトウェア

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Fast CODECs / Analog Front-End (AFE)
# Input Channels (ADC) 2
Conversion Speed (Msps) (ADC) 7.5
SNR (dB) (@ fIN) 48.6 @ 1.875MHz
Resolution (bits) (DAC) 10
Output Chan. (DAC) 2
Speed (Msps) (DAC) 7.5
SFDR (dBc) (@ fOUT) 73 @ 620kHz
THD (dBc) (@ fOUT) -71 @ 620kHz
Noise Spectral Density (dBFS/Hz) (@ fOUT) -127 @ 620kHz
VSUPPLY (V) 1.8
2.7 to 3.3
Package/Pins TQFN/48

主な機能

  • デュアル8ビットADCおよびデュアル10ビットDACを内蔵
  • 超低電力
    • 22.8mW (fCLK = 7.5MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 20.7mW (fCLK = 5.2MHzの場合) (トランシーバモード)
    • 低消費電流アイドルおよびシャットダウンモード
  • 優れたダイナミック性能
    • 48.5dB SINAD (fIN = 1.875MHzの場合) (ADC)
    • 73dBc SFDR (fOUT = 620kHzの場合) (DAC)
  • 優れた利得/位相マッチング
    • ±0.03°位相、±0.03dB利得(fIN = 1.875MHz時) (ADC)
  • 内部または外部リファレンスを選択可能
  • ディジタル出力レベル(TTL/CMOSコンパチブル):+1.8V~+3.3V
  • ADC/DAC用マルチプレックス型パラレルディジタル入出力
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)
  • 評価キットを提供(MAX5865EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • 3Gワイヤレス端末
  • 固定/モバイルブロードバンドワイヤレスモデム
  • 狭帯域/広帯域CDMA携帯電話
  • PDA

説明

MAX5863は超低電力、高集積度アナログフロントエンドで、ハンドセット、PDA、WLAN、および3Gワイヤレス端末などのポータブル通信機器に最適です。MAX5863はデュアル8ビット受信ADCおよびデュアル10ビット送信DACを内蔵し、超低電力で最高のダイナミック性能を発揮します。ADCのアナログI-Q入力アンプは完全差動化され、1VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.03°であり、振幅マッチングは±0.03dBです。ADCは、fIN = 1.875MHzおよびfCLK = 7.5Mspsの場合、48.5dBのSINADと69dBcのスプリアスフリーダイナミックレンジ(SFDR)を備えています。DACのアナログI-Q出力は、±400mVのフルスケール出力と1.4Vのコモンモードレベルで完全差動化されています。I-Qチャネル位相マッチングの標準値は±0.15°であり、標準利得マッチングは±0.05dBです。またDACは、fOUT = 620kHzおよびfCLK = 7.5MHzの場合、73dBc SFDRおよび61dB SNRのデュアル10ビット分解能も備えています。

ADCおよびDACは、周波数分割デュープレックス(FDD)および時分割デュープレックス(TDD)モードに対して同時または独立して動作します。3線式シリアルインタフェースを通じて、パワーダウンとトランシーバの動作モードが制御されます。トランシーバモードで同時に動作するADCおよびDACの場合は、fCLK = 7.5Mspsにおいて標準動作電力は22.8mWです。MAX5863は、全動作電源範囲および温度範囲で安定した1.024Vの内部電圧リファレンスを内蔵しています。MAX5863は、+2.7V~+3.3Vアナログ電源と+1.8V~+3.3VディジタルI/O電源で動作し、ロジックコンパチビリティを実現します。自己消費電流はIdle Mode™で3.5mA、シャットダウンモードで1µAです。MAX5863は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、48ピンTQFNパッケージで提供されます。ピンコンパチブルAFEの総合ファミリのパラメータ表を参照してください。

簡略化されたブロック図

MAX5863:ファンクションダイアグラム MAX5863:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。