先頭に戻る

超低電力、シングルチャネル集積型生体電位(ECG、R-R検出) AFE

超低電力、1チャネル集積型生体電位(ECG) AFE、HR検出アルゴリズム(R-R)内蔵

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高分解能データコンバータを備えた医療グレードECG AFE
    • 15.5ビットの有効分解能と5µVP-Pのノイズ
  • 現実的条件でのCMRRの大幅な向上と高い入力インピーダンスによってドライスタートを改善
    • 完全差動入力構造(CMRR:100dB以上)
  • 高い入力インピーダンスによってコモンモード-差動モード変換の向上を提供
    • 高い入力インピーダンス(500MΩ以上)によって非常に低いコモンモード-差動モード変換を実現
  • 高い電極インピーダンスによって入力におけるドライスタート時の信号減衰を最小化
  • ±650mV (1.8V、typ)の広いDCオフセット範囲によって多様な電極と組み合わせて使用可能
  • 広い65mVP-PのACダイナミックレンジによって、モーション/ダイレクト電極ヒットが存在する場合のAFEの飽和を防止
  • 競合ソリューションと比べてバッテリ寿命を延長
    • 85µW (電源電圧1.1V時)
  • リードオン割込み機能によって、有効なリード状態が検出されるまでRTCをオフにしてµCをディープスリープモードに維持することが可能
    • リードオン検出電流:0.7µA (typ)
  • 割込み機能を備えた心拍数検出の内蔵によって、µCでのHRアルゴリズムの実行が不要
    • 高モーション環境における超低電力での堅牢なR-R検出
  • 設定可能な割込みによって、各心拍時にのみµCをウェイクアップし全体的なシステム電力を削減することが可能
  • 高精度によってより生理学的なデータ抽出が可能
  • 32ワードのFIFOによって256msに1回のµCのウェイクアップで完全なECGの収集が可能
  • 高速SPIインタフェース
  • シャットダウン電流:0.5µA (typ)

アプリケーション/用途

  • 生体認証およびECGオンデマンドアプリケーション
  • フィットネスアプリケーション用チェストバンド心拍数モニタ
  • 不整脈検出用シングルリードイベントモニタ
  • 在宅/院内監視用シングルリードワイヤレスパッチ

説明

MAX30003は、ウェアラブルアプリケーション用の完全な、生体電位、アナログフロントエンドソリューションです。このデバイスは、医療およびフィットネスアプリケーション用に高性能を提供し、超低電力によって長いバッテリ寿命を実現します。MAX30003は単一の生体電位チャネルで、ECG波形および心拍数検出を提供します。

生体電位チャネルはESD保護、EMIフィルタ、内蔵リードバイアス、DCリードオフ検出、スタンバイモード時の超低電力リードオン検出、および内蔵セルフテスト用の広範な較正電圧を備えています。ソフト起動シーケンスによって、大きい過渡が電極に流入しないことを確保します。生体電位チャネルは、高い入力インピーダンス、低ノイズ、高CMRR、可変利得、各種ローパス/ハイパスフィルタオプション、および高分解能アナログ-デジタルコンバータも備えています。生体電位チャネルはDC結合され、大きな電極電圧オフセットに対応可能で、除細動や電気外科などのオーバードライブ状態から迅速に回復するための高速リカバリモードを備えています。

MAX30003は28ピンTQFNおよび30ピンウェハレベルパッケージ(WLP)で提供され、0℃~+70℃の民生用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX30003:ファンクションダイアグラム MAX30003:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。