MAX30001EVSYS

MAX30001の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX30001の評価システム(EVシステム)は、生体電位(ECG、R-R、およびペース検出)および生体インピーダンス(BioZ)測定機能を備えたMAX30001の機能と特長を評価するための単一のプラットフォームを提供します。このEVシステムは、MAX30001の評価キット(EVキット)およびウェアラブル用Cortex-M4FマイクロコントローラのMAX32630FTHRを搭載しています。MAX32630FTHRはMAX30001のEVキットに給電し、EVキットのGUIプログラムを使用するために必要なファームウェアを備えています。このEVキットには出荷時にジャンパが実装され、電源電圧は標準動作値に設定されています。オプションの接続が存在し、それらをシャントすることによって異なる機能を使用することができます。

このEVシステムは医療装置ではありません。


MAX30001EVSYSによる生体インピーダンス(Bio-Z)の測定方法


MAX30001による生体電位およびBioZの高精度測定

デザインソリューション:Take the Stress Out of Wearable Heart Monitoring ›

MAX30001EVSYS:EVキットの写真 MAX30001EVSYS:EVキットの写真 拡大表示+

主な特長

  • MAX30001を評価するための便利なプラットフォーム
  • 多数のアクセスしやすいテストポイント
  • 個別の消費電流を測定
  • タッチプルーフケーブルコネクタ
  • Windows® 7/8/10対応GUIソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • IEC 60601-2-47準拠のテストを容易化
  • 超低電力設計

アプリケーション/用途

  • 生体認証およびECGオンデマンドアプリケーション
  • フィットネスアプリケーション用チェストバンド心拍数モニタ
  • インピーダンスベースの心拍数検出
  • 呼吸および水分量モニタ
  • 不整脈検出用シングルリードイベントモニタ
  • 入院患者/外来患者監視用シングルリードワイヤレスパッチ

ツールおよびモデル

  • MAX30001EVSYS ODB ファイル
  • 信頼性レポートをリクエスト: MAX30001EVSYS 
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX2088
    16-Channel, High-Performance, Low-Power, Fully-Integrated Ultrasound Receiver

    • 16 Full Channels of Input Coupling Caps, LNA, VGA, AAF, CWD Mixers, 14-bit ADC, Bypassable Digital HPF, and Digital Mix to Baseband.
    • Ultra-Low Full-Channel Receiver Noise Figure of 2.4dB at RIN = RS = 200Ω.
    • High Dynamic Range Receiver with 81dBFS SNR at FIN = 5MHz and 2MHz Bandwidth.

    MAX86170A
    Best-in-Class Optical Pulse Oximeter and Heart-Rate Sensor AFE for Wearable Health

    • Complete Dual-Channel Optical Data-Acquisition System
    • Excellent Top-End Dynamic Range > 91dB in White Card Loop-Back Test (Nyquist Sample-to-Sample Variance)
    • Extended Dynamic Range up to 110dB (Averaging and Off-Chip Filtering)