先頭に戻る

16チャネル、高性能、低電力、全機能内蔵超音波レシーバ

業界最高レベルの集積および性能と最低電力の組み合わせ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 16の完全チャネルの入力結合コンデンサ、LNA、VGA、AAF、CWDミキサ、14ビットADC、バイパス可能なデジタルHPF、およびデジタルミックストゥベースバンド
  • 超低全チャネルレシーバノイズ指数:2.4dB (RIN = RS = 200Ω)
  • 広ダイナミックレンジレシーバ、SN比:81dBFS (FIN = 5MHzおよび帯域幅2MHz時)
  • 低電力レシーバ(LNA、VGA、AAF、およびADC内蔵):チャネル当り153mW (通常イメージングモード、65Msps、完全な性能)、チャネル当り100mW (超低電力モード)
  • 選択可能なアクティブ入力インピーダンスLNA:50、100、200、および400の入力選択(LNA利得 = 18dB)、オープンフィードバックループオプション:入力インピーダンス約3KΩ (2MHz時)および1.2KΩ (5MHz時)
  • アナログハイパスフィルタ、選択可能な3ポール10MHz、15MHz、20MHz、および30MHzバターワースアンチエイリアスフィルタ、およびバイパス可能な設定可能デジタルハイパスフィルタ内蔵
  • 全機能内蔵高性能CWDビームフォーマ(個別のIおよびQミキサ内蔵)によってダイナミックレンジ(チャネル当りダイナミックレンジ157dBc/Hz、2MHzキャリアから1KHz時)および感度を向上
  • バイパス可能な復調器、96dB SN比のNCO、16 × Mタップ多相デシメーションフィルタ(デシメーションを2 ≦ M ≦ 32に設定可能)内蔵

アプリケーション/用途

  • 中および高性能カートベース超音波システム
  • 中および高性能ポータブル超音波システム
  • 心エコーシステム
  • リアルタイム4D超音波システム
  • せん断波エラストグラフィシステム

説明

MAX2088は高集積16チャネル超音波レシーバで、高チャネル数、高性能のポータブルおよびカート式超音波システム用に最適化されています。

この非常に小型のレシーバの各チャネルは、LNA、VGA、AAF、ADC、および複数のデジタル後処理回路(デジタルHPFを含む)を内蔵しています。このデバイスはRS = RIN = 200Ωで2.4dBの超低雑音指数を達成し、50mspsサンプリング時にチャネル当り143mWという低消費電力です。さらに、チャネル当り100mWを達成するより低電力の動作モードも備えていますが、AC性能は低下します。受信チャネルは2次高調波イメージングに最適化され、2次高調波歪みの性能はTGCの全範囲にわたってFIN = 5MHzで-70dBFSです。また、ダイナミックレンジは、ハイクラッタ条件下で非常に優れたパルスドップラーおよびカラーフロードップラー性能を実現するように最適化されています。全受信チャネルは5MHz (帯域幅2MHz)で81dBFSという非常に優れたSN比を示します。バイポーラフロントエンドおよびCMOS ADCも最適化され、1KHzで-141dBc/Hzという非常に低いキャリア近接変調ノイズと、5MHzトーンからのオフセットによる優れた低速ドップラー感度を実現します。

また、このデバイスは完全ドップラーソリューションに対応する16チャネルCWDビームフォーマも内蔵しています。最適なCWD感度を実現するため各チャネル用に個別のミキサが利用可能で、2MHzのキャリアから1KHzのオフセットでチャネル当り157dBc/Hzという優れたダイナミックレンジを提供します。

さらに、MAX2088はデジタルミックストゥベースバンド動作に関連する複数のデジタル後処理オプションも内蔵しています。このデバイスは96dB SN比のNCOを内蔵しており、設定可能な周波数範囲は800KHz~17.6MHzで分解能は1KHz以下です。また、復調回路もあり、それに続くデシメーションFIRフィルタはさまざまなデシメーション比に設定可能で、Mを2~32の任意の整数に設定することができます。16 × MタップのローパスFIRデシメーションフィルタも提供されます。デシメーションフィルタ後のデジタル利得調整も利用可能です。

ミックストゥベースバンド使用時、デシメーションレートが4以上の場合は必要なLVDS出力レーンの数を(20ペアから12ペアに)低減することが可能です。

MAX2088はBGAパッケージ(17mm × 16mm、0.8mmピッチ)で提供され、0℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。