先頭に戻る

CWドップラーミキサ内蔵、オクタルチャネル(8回路)超音波フロントエンド

多チャネル、台車およびポータブル超音波画像処理機器に画期的な性能レベルを提供

製品の詳細

オクタルチャネル超音波フロントエンドのMAX2078は、全機能内蔵、バイポーラ、高密度、オクタルチャネルの超音波レシーバで、低コスト、多チャネル数、高性能のポータブル式およびカート式の超音波システムに最適化されています。使いやすいこのICは、スペースと消費電力を大幅に削減してハイエンドの2D、PW、およびCWドップラ(CWD)画像処理性能を実現することができます。ローノイズアンプ(LNA)、可変利得アンプ(VGA)、およびアンチエイリアスフィルタ(AAF)などの超小型画像処理レシーバのラインアップによって、チャネル当り64.8mWの低い消費電力で、RS = RIN = 200Ωの場合、2.4dBの超低雑音指数を達成します。完全な画像処理レシーバチャネルは、-64dBFSの第2高調波画像処理性能で第2高調波でのイメージングに最適化されており、5MHz出力信号は1VP-Pです。また、バイポーラのフロントエンドは、優れた低速PWおよびカラーフロードップラ感度となるように最適化されており、1VP-Pの5MHz出力クラッタ信号から1kHzのオフセットで140dBc/Hzという非常に優れた近接キャリアSNRを実現します。

全機能内蔵の高性能、設定可能なCWDビーム形成器も含まれています。ハイクラッタ環境では、各チャネルで独立したI/Qミキサが最適なCWD感度で利用可能で、1.25MHzで200mVP-Pの入力クラッタ信号の1kHzオフセットで非常に優れた154dBc/Hzの近接キャリアSNRを実現します。

オクタルチャネル超音波フロントエンドのMAX2078は、エクスポーズドを備えた、小型10mm x 10mmの68ピンTQFNで提供され、0℃~+70℃の温度範囲での動作が保証されています。

主な機能

  • 小型、10mm x 10mmのTQFNパッケージにLNA、VGA、AAFのフルチャネルを8回路、およびCWDミキサを実装
  • LNA、VGA、AAFを10mm x 10mmのTQFNバージョンに実装したMAX2077とピン互換
  • フルチャネルの超低雑音指数:2.4dB (RIN = RS = 200Ωの場合)
  • 5MHz、20dBの利得で23nV/の低出力換算ノイズにより、広帯域SNRは68dB**と高く、優れた第2高調波イメージングを実現
  • ハイクラッタ環境での優れた低速PWおよびカラーフロードップラ感度を実現する、5MHzから1kHzのオフセット、1VP-P出力信号、および20dBの利得で140dBc/Hzという高い近接キャリアSNR
  • フルチャネル(LNA、VGA、およびAAF)当り64.8mWの超低電力ノーマルイメージングモード(CWDモードのチャネル当り234mW)
  • 選択可能なアクティブ入力インピーダンス整合:50Ω、100Ω、200Ω、および1kΩ
  • 高LNA利得モードで330mVP-P、および低LNA利得モードで550mVP-Pの広い入力電圧範囲
  • 内蔵の選択可能な3極バターワースAAF:9MHz、10MHz、15MHz、および18MHz
  • 2µs以下の高速回復のローパワーモード
  • 1.25MHzから1kHzのオフセットの200mVP-Pの入力クラッタ信号で154dBc/Hzの近接キャリアSNRを備えた全機能内蔵の高ダイナミックレンジCWDビーム形成器

アプリケーション/用途

  • 医療用超音波画像
  • ソナー

簡略化されたブロック図

MAX2078:標準アプリケーション回路 MAX2078:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 小型、10mm x 10mmのTQFNパッケージにLNA、VGA、AAFのフルチャネルを8回路、およびCWDミキサを実装
  • LNA、VGA、AAFを10mm x 10mmのTQFNバージョンに実装したMAX2077とピン互換
  • フルチャネルの超低雑音指数:2.4dB (RIN = RS = 200Ωの場合)
  • 5MHz、20dBの利得で23nV/の低出力換算ノイズにより、広帯域SNRは68dB**と高く、優れた第2高調波イメージングを実現
  • ハイクラッタ環境での優れた低速PWおよびカラーフロードップラ感度を実現する、5MHzから1kHzのオフセット、1VP-P出力信号、および20dBの利得で140dBc/Hzという高い近接キャリアSNR
  • フルチャネル(LNA、VGA、およびAAF)当り64.8mWの超低電力ノーマルイメージングモード(CWDモードのチャネル当り234mW)
  • 選択可能なアクティブ入力インピーダンス整合:50Ω、100Ω、200Ω、および1kΩ
  • 高LNA利得モードで330mVP-P、および低LNA利得モードで550mVP-Pの広い入力電圧範囲
  • 内蔵の選択可能な3極バターワースAAF:9MHz、10MHz、15MHz、および18MHz
  • 2µs以下の高速回復のローパワーモード
  • 1.25MHzから1kHzのオフセットの200mVP-Pの入力クラッタ信号で154dBc/Hzの近接キャリアSNRを備えた全機能内蔵の高ダイナミックレンジCWDビーム形成器

アプリケーション/用途

  • 医療用超音波画像
  • ソナー

説明

オクタルチャネル超音波フロントエンドのMAX2078は、全機能内蔵、バイポーラ、高密度、オクタルチャネルの超音波レシーバで、低コスト、多チャネル数、高性能のポータブル式およびカート式の超音波システムに最適化されています。使いやすいこのICは、スペースと消費電力を大幅に削減してハイエンドの2D、PW、およびCWドップラ(CWD)画像処理性能を実現することができます。ローノイズアンプ(LNA)、可変利得アンプ(VGA)、およびアンチエイリアスフィルタ(AAF)などの超小型画像処理レシーバのラインアップによって、チャネル当り64.8mWの低い消費電力で、RS = RIN = 200Ωの場合、2.4dBの超低雑音指数を達成します。完全な画像処理レシーバチャネルは、-64dBFSの第2高調波画像処理性能で第2高調波でのイメージングに最適化されており、5MHz出力信号は1VP-Pです。また、バイポーラのフロントエンドは、優れた低速PWおよびカラーフロードップラ感度となるように最適化されており、1VP-Pの5MHz出力クラッタ信号から1kHzのオフセットで140dBc/Hzという非常に優れた近接キャリアSNRを実現します。

全機能内蔵の高性能、設定可能なCWDビーム形成器も含まれています。ハイクラッタ環境では、各チャネルで独立したI/Qミキサが最適なCWD感度で利用可能で、1.25MHzで200mVP-Pの入力クラッタ信号の1kHzオフセットで非常に優れた154dBc/Hzの近接キャリアSNRを実現します。

オクタルチャネル超音波フロントエンドのMAX2078は、エクスポーズドを備えた、小型10mm x 10mmの68ピンTQFNで提供され、0℃~+70℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX2078:標準アプリケーション回路 MAX2078:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。