先頭に戻る

10ビット、22Msps、フルデュープレックス、アナログフロントエンド

Tx DAC、Rx ADC、および補助制御データコンバータ内蔵、超低電力AFE

製品の詳細

MAX19712は、フルデュープレックス(FD)モードで動作する広帯域通信アプリケーションに最適な超低電力、高集積ミックスドシグナルのアナログフロントエンド(AFE)です。このデバイスは高ダイナミック性能および超低電力に最適化され、10ビットデュアル22Mspsの受信(Rx)用ADC、10ビットデュアル22Mspsの送信(Tx)用DAC、補助RFフロントエンド制御用の3つの高速セトリング12ビット補助DACチャネル、および10ビット、333ksps、内部処理用補助ADCを内蔵しています。FDモードでの標準動作電力は、22MHzのクロック周波数で50.4mWです。

Rx用ADCは、22MHzのクロック周波数で5.5MHzの入力周波数において54.7dBのSINADと75.6dBcのSFDRを備えています。アナログI/Q入力アンプは完全差動化され、1.024VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。標準I/Qチャネルマッチングは位相が±0.01°で、利得が±0.01dBです。

Tx用DACのSFDRは、fOUT = 2.2MHzおよびfCLK = 22MHzで、72.9dBcです。アナログI/Qフルスケール出力電圧範囲は、±400mVの差動電圧範囲です。出力DCコモンモード電圧は、0.89V~1.36Vの範囲です。無線ラインアップ側波帯/搬送波抑制を最適化するために、I/Qチャネルオフセットを調整することができます。標準I/Qチャネルマッチングは利得が±0.01dBで、位相が±0.1°です。

Rx用ADCおよびTx用DACが使用する2つの独立した10ビット、パラレル高速ディジタルバスによって、周波数分割デュープレックスアプリケーション用のフル/デュープレックス動作が可能です。Rx用ADCとTx用DACを個別にディセーブルして、電源管理を最適化することができます。3線式シリアルインタフェースを通じて、電源管理モード、補助DACチャネル、および補助ADCチャネルを制御します。

MAX19712は2.7V~3.3Vのアナログ単一電源と1.8V~3.3VのディジタルI/O電源で動作します。MAX19712は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、56ピンTQFNパッケージで提供されます。データシートの最後にある「Selector Guide (選択ガイド)」には、このAFEファミリのその他のピンコンパチブルバージョンが記載されています。時分割デュープレックス(TDD)アプリケーションの場合は、AFE製品ファミリのMAX19705~MAX19708を参照してください。

主な機能

  • デュアル、10ビット、22Msps、Rx用ADCおよびデュアル、10ビット、22Msps、Tx用DAC
  • 超低電力
    • 50.4mW (fCLK = 22MHzのFDモードにおいて)
    • 39.9mW (fCLK = 22MHzの低速Rxモードにおいて)
    • 33.9mW (fCLK = 22MHzの低速Txモードにおいて)
    • 低電流スタンバイおよびシャットダウンモード
  • プログラマブルなTx用DACコモンモードDCレベルおよびI/Qオフセットの調整
  • 優れたダイナミック性能
    • SNR = 54.8dB (fIN = 5.5MHzにおいて) (Rx用ADC)
    • SFDR = 72.9dBc (fOUT = 2.2MHzにおいて) (Tx用DAC)
  • 3個の12ビット、1µsの補助DAC
  • 4:1の入力マルチプレクサおよびデータ平均化機能付き10ビット、333kspsの補助ADC
  • 卓越した利得/位相マッチング
    • 位相が±0.01°、利得が±0.01dB (Rx用ADC) (fIN = 5.5MHzにおいて)
  • マルチプレックス型のパラレル、ディジタルI/O
  • シリアルインタフェース制御
  • 汎用電源制御回路
    • シャットダウン、スタンバイ、アイドル、Tx/Rxディセーブル
  • 小型56ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 802.11a/b/g WLAN
  • ポータブル通信機器
  • RFIDリーダ
  • VoIP端末
  • WCDMA携帯電話

簡略化されたブロック図

MAX19712:標準動作回路 MAX19712:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

説明

MAX19710~MAX19713の評価システム(EVシステム)は、MAX19710~MAX19713の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19710~MAX19713の総合評価には、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19710~MAX19713のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19710~MAX19713の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済みPCBです。これらのAFEは、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1つずつ、3つの低速シリアルDAC、および1つの低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を搭載しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を搭載しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMODUSB)を使って、PCのUSBポートを通じてSPI™ 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.com/evkitsoftwareからダウンロード可能なWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19710~MAX19713の機能を実行するための使いやすいインタフェースを備えています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧および低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を搭載
  • レベル変換I/Oドライバを搭載
  • 実装および試験済み
  • Windows 98SE/2000/XP対応ソフトウェアをダウンロード可能

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • デュアル、10ビット、22Msps、Rx用ADCおよびデュアル、10ビット、22Msps、Tx用DAC
  • 超低電力
    • 50.4mW (fCLK = 22MHzのFDモードにおいて)
    • 39.9mW (fCLK = 22MHzの低速Rxモードにおいて)
    • 33.9mW (fCLK = 22MHzの低速Txモードにおいて)
    • 低電流スタンバイおよびシャットダウンモード
  • プログラマブルなTx用DACコモンモードDCレベルおよびI/Qオフセットの調整
  • 優れたダイナミック性能
    • SNR = 54.8dB (fIN = 5.5MHzにおいて) (Rx用ADC)
    • SFDR = 72.9dBc (fOUT = 2.2MHzにおいて) (Tx用DAC)
  • 3個の12ビット、1µsの補助DAC
  • 4:1の入力マルチプレクサおよびデータ平均化機能付き10ビット、333kspsの補助ADC
  • 卓越した利得/位相マッチング
    • 位相が±0.01°、利得が±0.01dB (Rx用ADC) (fIN = 5.5MHzにおいて)
  • マルチプレックス型のパラレル、ディジタルI/O
  • シリアルインタフェース制御
  • 汎用電源制御回路
    • シャットダウン、スタンバイ、アイドル、Tx/Rxディセーブル
  • 小型56ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 802.11a/b/g WLAN
  • ポータブル通信機器
  • RFIDリーダ
  • VoIP端末
  • WCDMA携帯電話

説明

MAX19712は、フルデュープレックス(FD)モードで動作する広帯域通信アプリケーションに最適な超低電力、高集積ミックスドシグナルのアナログフロントエンド(AFE)です。このデバイスは高ダイナミック性能および超低電力に最適化され、10ビットデュアル22Mspsの受信(Rx)用ADC、10ビットデュアル22Mspsの送信(Tx)用DAC、補助RFフロントエンド制御用の3つの高速セトリング12ビット補助DACチャネル、および10ビット、333ksps、内部処理用補助ADCを内蔵しています。FDモードでの標準動作電力は、22MHzのクロック周波数で50.4mWです。

Rx用ADCは、22MHzのクロック周波数で5.5MHzの入力周波数において54.7dBのSINADと75.6dBcのSFDRを備えています。アナログI/Q入力アンプは完全差動化され、1.024VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。標準I/Qチャネルマッチングは位相が±0.01°で、利得が±0.01dBです。

Tx用DACのSFDRは、fOUT = 2.2MHzおよびfCLK = 22MHzで、72.9dBcです。アナログI/Qフルスケール出力電圧範囲は、±400mVの差動電圧範囲です。出力DCコモンモード電圧は、0.89V~1.36Vの範囲です。無線ラインアップ側波帯/搬送波抑制を最適化するために、I/Qチャネルオフセットを調整することができます。標準I/Qチャネルマッチングは利得が±0.01dBで、位相が±0.1°です。

Rx用ADCおよびTx用DACが使用する2つの独立した10ビット、パラレル高速ディジタルバスによって、周波数分割デュープレックスアプリケーション用のフル/デュープレックス動作が可能です。Rx用ADCとTx用DACを個別にディセーブルして、電源管理を最適化することができます。3線式シリアルインタフェースを通じて、電源管理モード、補助DACチャネル、および補助ADCチャネルを制御します。

MAX19712は2.7V~3.3Vのアナログ単一電源と1.8V~3.3VのディジタルI/O電源で動作します。MAX19712は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、56ピンTQFNパッケージで提供されます。データシートの最後にある「Selector Guide (選択ガイド)」には、このAFEファミリのその他のピンコンパチブルバージョンが記載されています。時分割デュープレックス(TDD)アプリケーションの場合は、AFE製品ファミリのMAX19705~MAX19708を参照してください。

簡略化されたブロック図

MAX19712:標準動作回路 MAX19712:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。