アナログフロントエンド(AFE) IC

マキシムの超音波AFE ICは、高チャネル数のカート型およびポータブル超音波診断装置用に、画期的なレベルの性能を提供します。マキシムの完全集積型の超音波トランシーバ、レシーバ、およびトランスミッタは、通常は超音波AFEの設計に必要となる数千のディスクリート部品を置き換えることによって、省電力化、信頼性の向上、設計時間の短縮、および基板スペースの削減を実現します。

超音波 AFE 

マキシムの高速アナログフロントエンド(HS AFE) ICは高速と低速データコンバータをシングルチップに組み合わせて、モバイル製品のサイズ、コスト、および電力目標に適合するのに役立ちます。高速AFE は高ダイナミック性能と超低電力用に最適化されており、フルデュプレックス(FD)またはハーフデュプレックス(HD)モードで動作する広帯域通信アプリ ケーションに最適です。高速AFEは低い初期投資と実証済みの性能で市場投入までの時間を短縮します。

高速AFE 

参照:


MAX2088
16-Channel, High-Performance, Low-Power, Fully-Integrated Ultrasound Receiver

  • 16 Full Channels of Input Coupling Caps, LNA, VGA, AAF, CWD Mixers, 14-bit ADC, Bypassable Digital HPF, and Digital Mix to Baseband.
  • Ultra-Low Full-Channel Receiver Noise Figure of 2.4dB at RIN = RS = 200Ω.
  • High Dynamic Range Receiver with 81dBFS SNR at FIN = 5MHz and 2MHz Bandwidth.

MAX86170A
Best-in-Class Optical Pulse Oximeter and Heart-Rate Sensor AFE for Wearable Health

  • Complete Dual-Channel Optical Data-Acquisition System
  • Excellent Top-End Dynamic Range > 91dB in White Card Loop-Back Test (Nyquist Sample-to-Sample Variance)
  • Extended Dynamic Range up to 110dB (Averaging and Off-Chip Filtering)