スペクトラム拡散発振器について

スペクトラム拡散発振器はスペクトルEMI (電磁干渉)放射を減らし、製品がFCCおよびその他の各種規制試験に合格することを可能にします。スペクトラム拡散発振器は、所望のクロックレート周辺 のある狭い範囲にわたってクロック周波数を「ディザ(重畳)」し、従来のシングルトーンに比べHz当りのエネルギが低いスペクトル線を持つ広いスペクトラ ムを生成します。 さらに詳しく

  • 31.25kHz~133MHzでプログラム可能な出力周波数
  • 外付けタイミング部品不要
  • 不揮発性(NV)設定
  • 電源範囲:3.0V~5V
  • 温度範囲:-40℃~+85℃
  • 出荷時またはユーザ(ピンおよびメモリ)プログラム可能な周波数およびディザ設定
  • 小型8ピンµSOPまたは8ピンSO (.150)パッケージ

スペクトラム拡散発振器について

スペクトラム拡散発振器は回路およびシステムから放出されるスペクトルEMIを低減しようとします。クロック信号は通常シングルトーンスペクトラムを発し、このスペクトラムは他のシステムの入力に干渉することがあり、FCC EMI放射試験基準に満たないことがあります。希望のクロックレート周辺のある狭い範囲についてクロック周波数を「ディザ(重畳)」することによって、シングルトーンよりもHz当りのエネルギが低いスペクトルラインを持つ、より広いスペクトラムが生成されます。