DS1089L

3.3Vセンタースペクトラム拡散EconOscillator™

業界最小、低EMI 3Vオールシリコン中心拡散クロック発振器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS1089Lは、周波数130kHz~66.6MHzのスペクトラム拡散(ディザ方式)方形波出力を生成するクロック発生器です。DS1089Lは、特定の周波数に調整して出荷されます。DS1089LはDS1087Lとピンコンパチブルですが、DS1089Lは中央周波数の上下に等しいパーセント値でディザします。ユーザは、I²C対応のプログラミングインタフェースによって、内蔵周波数分周器、±1%、±2%、±4%、または±8%を選択可能なディザ出力、ディザレート、およびプログラマブル出力パワーダウン/ディセーブルモードを利用することができます。デバイス設定値は、すべて不揮発性(NV) EEPROMに保存されるため、スタンドアロンアプリケーションで動作することができます。DS1089Lは、パワーダウンおよび出力イネーブル制御端子を備えているため、電力消費重視のアプリケーションに適しています。
DS1089L:標準動作回路 DS1089L:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 出荷時調整済み方形波発生器:33.3MHz~66.6MHz
  • 中央周波数はディザパーセント値に関係なく一定
  • 外付けタイミング部品不要
  • EMIの低減
  • 可変ディザ周波数
  • 分周器を使用してユーザ調整可能な周波数:最低130kHz (マスタ発振器の周波数に依存)
  • ディザ出力は選択可能:±1%、±2%、±4%、または±8%
  • グリッチレス出力イネーブル制御
  • I²C対応のシリアルインタフェース
  • 不揮発性の設定値
  • パワーダウンモード
  • 出力パワーダウン/ディセーブルモードを設定可能

アプリケーション/用途

  • ケーブルモデム
  • コンピュータ周辺装置
  • コピー機
  • POS端末
  • プリンタ
Part NumberfOUT
(MHz)
fOUT
(kHz)
ΔfOUT
(%)
User Prog. fOUTSpread SpectrumVCC
(V)
Reset OutOper. Temp.
(°C)
Package/PinsBudgetary
Price
maxminmaxSee Notes
DS1089L 66130
-2 to 0.75 (-40°C to 0°C)
±0.75 (0°C to 85°C)
I2CYes2.7 to 3.6No-40 to +85
UMAX/8
$1.01 @1k
全Silicon Oscillators (17)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

CAD Symbols and Footprints

  • DS1089LU-140+
  • DS1089LU-140+T
  • DS1089LU-21G
  • DS1089LU-21G+
  • DS1089LU-22F
  • DS1089LU-22F+
  • DS1089LU-22F+T
  • DS1089LU-23C
  • DS1089LU-23C+
  • DS1089LU-450
  • DS1089LU-450+
  • DS1089LU-4CL
  • DS1089LU-4CL+
  • DS1089LU-866
  • DS1089LU-866+
  • DS1089LU-A29+
  • DS1089LU-A29+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース