DS1085

EconOscillator周波数シンセサイザ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS1085は、外付けのタイミング不要の2出力周波数シンセサイザです。これは、スタンドアロン発振器、またはダイナミックにプログラムされたプロセッサ制御の周辺装置として利用できます。内部のマスタ発振器は66MHz~133MHzにプログラムでき、分解能として10kHz、25kHz、50kHzの3つのオプションがあります。プログラマブル3ビットプリスケーラ(1、2、4、または8で分周)により、マスタから8.2MHz~133MHzの基準発振器出力(OUT0)を発生させることができます。もう1つの独立したプリスケーラと1~1025分周器により、8.1kHz~133MHzの主発振器出力(OUT1)を発生させることができます。2つの出力は、マスタと同期していますが、独立にプログラムできます。プログラム可能な、マスタ発振器、プリスケーラ、および分周器を組み合わせて、ユーザが指定する周波数を数千種類発生させることができます。マスタ発振器、プリスケーラ、および分周器は、その設定値がすべて不揮発性(NV) (EEPROM)メモリに記憶され、電源投入時にデフォルト値を供給しスタンドアロン発振器として使用できるようになります。2線式シリアルインタフェースを使用すると、マスタ発振器、プリスケーラ(P0とP1)、および分周器(N)のインサーキットプログラミングを素早くできます。こうして周波数が必要に応じて自由に変更できますが、固定周波数のアプリケーションの場合は工場でプログラムされた値やユーザがプログラムした値を用いてDS1085を使用することもできます。
DS1085:ブロックダイアグラム DS1085:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • ユーザプログラマブル周波数シンセサイザ
  • 8.1kHz~133MHzの範囲でプログラマブル
  • 2つの同期出力
  • 基準発振器出力:8.2MHz~133MHz
  • 主発振器出力:8.1kHz~133MHz
  • 3つの分解能オプション
  • 2線式シリアルインタフェース
  • 絶対精度:0.75%
  • 不揮発性(NV)メモリ周波数設定値
  • 5Vの単一電源
  • 外付けタイミング部品不要
  • パワーダウンモード
  • アプリケーション/用途

    • ケーブルモデム
    • 携帯電話
    • コンピュータ周辺装置
    • コピー機
    • PC
    • プリンタ
    Part NumberfOUT
    (MHz)
    fOUT
    (kHz)
    ΔfOUT
    (%)
    User Prog. fOUTSpread SpectrumVCC
    (V)
    Reset OutOper. Temp.
    (°C)
    Package/PinsBudgetary
    Price
    maxminmaxSee Notes
    DS1085 1338.1±1 (0 to 70°C)I2CNo4.75 to 5.25No0 to +70
    SOIC (N)/8
    $4.84 @1k
    全Silicon Oscillators (17)
    価格についての注:
    このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

    CAD Symbols and Footprints

  • DS1085Z-10+
  • DS1085Z-25+
  • DS1085Z-50+
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース