先頭に戻る

3V、EconOscillator/分周器

業界で最も高精度なオールシリコン発振器

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Silicon Oscillators
fOUT (MHz) (max) 66.6
Spread Spectrum No
fOUT (kHz) (min) 4.87
ΔfOUT (%) (max) ±1.25 (0 to 70°C)
User Prog. fOUT I2C
VCC (V) 2.7 to 3.6
Reset Out No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.75
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 3V、EconOscillator/分周器 Jan 10, 2006
アプリケーションノート DS1077L EconOscillator Architecture and Online Interactive Frequency Calculator
アプリケーションノート Using Programmable Oscillators to Generate and Control System Clocks
アプリケーションノート EconOscillator Comparison
アプリケーションノート How Delay Lines Work

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

パラメーター

Parametric specs for Silicon Oscillators
fOUT (MHz) (max) 66.6
Spread Spectrum No
fOUT (kHz) (min) 4.87
ΔfOUT (%) (max) ±1.25 (0 to 70°C)
User Prog. fOUT I2C
VCC (V) 2.7 to 3.6
Reset Out No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.75

主な特長

  • プロセッサ制御またはスタンドアロンの固体発振器
  • 周波数が素早く変更可能
  • 2つの低ジッタ同期固定周波数出力
  • 2線式シリアルインタフェース
  • 周波数出力:4.87kHz~66.666MHz、±1.25%変動(温度と電圧に対して)
  • 初期許容誤差:±0.5%
  • 不揮発性メモリの周波数設定
  • 2.7V~3.6Vの単一電源
  • 外付け部品不要
  • パワーダウンモード
  • 同期出力ゲーティング
  • アプリケーション/用途

    • ケーブルモデム
    • 携帯電話
    • コンピュータ周辺装置
    • コピー機
    • PC
    • プリンタ

    説明

    DS1077Lは、外付け部品不要の2出力プログラマブル固定周波数発振器です。DS1077Lは、プロセッサ制御の周波数シンセサイザ、またはスタンドアロン発振器として使用できます。同期した2つの出力動作周波数は、2つの内蔵プログラマブルプリスケーラと1つの分周器を使用して、マスタ周波数の分周比をユーザが調整することにより得られます。選択された実際の出力周波数は、不揮発性(EEPROM)メモリに保存されます。DS1077Lは、電源投入時にこの値にデフォルト設定されます。

    DS1077Lは、不揮発性(EEPROM)メモリに保存されている所望の値を用いてプログラマブルプリスケーラ(P0とP1)と分周器(N)のインサーキットプログラミングが素早くできる2線式シリアルインタフェースが特長です。設計変更は、さまざまな値をデバイスにプログラム(もしくは、過去にプログラムされたデバイスを再プログラム)するだけで回路的に迅速に処理できます。これとは別に、固定周波数のアプリケーションでは、過去にプログラムされたデバイスを利用することができシリアルインタフェースへの接続は不要です。お客様が希望する周波数で予めプログラムされたデバイスを利用することもできます。

    DS1077Lは、SOまたはµSOPパッケージで供給され、容易かつ経済的に最小のボード面積でクロック信号を発生できます。チップサイズのパッケージもご要望に応じて提供可能です。

    簡易ブロック図

    DS1077L:ブロックダイアグラム DS1077L:ブロックダイアグラム Zoom icon

    Technical Docs

    データシート 3V、EconOscillator/分周器 Jan 10, 2006
    アプリケーションノート DS1077L EconOscillator Architecture and Online Interactive Frequency Calculator
    アプリケーションノート Using Programmable Oscillators to Generate and Control System Clocks
    アプリケーションノート EconOscillator Comparison
    アプリケーションノート How Delay Lines Work

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

    サンプルについて:
    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。