先頭に戻る

3.3V、8ビット、プログラマブルタイミング素子

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ステップサイズ:0.25ns、0.5ns、1ns、2ns
  • リファレンス遅延内蔵
  • 遅延ライン、単安定振動子、または自走式発振器として構成可能
  • 信号を1周期以上遅延可能
  • 単調性保証
  • パラレルおよび3線式シリアルプログラミングインタフェース
  • 単一電源:3.3V
  • 16ピンTSSOP

アプリケーション/用途

  • デジタル試験装置
  • デジタルビデオプロジェクション
  • 信号発生器およびアナライザ
  • テレコム

説明

DS1123Lは、DS1023と機能的に類似した8ビットプログラマブルタイミング素子ですが、3.3Vで動作します。DS1023と同様に、DS1123Lはディレイラインとして使用する場合、信号を1周期以上遅延させることが可能で、固有の「ステップゼロ」遅延をオフセットするために内蔵のリファレンス遅延を使用することができます。これによって、DS1123Lは0~360°の全位相範囲でクロック信号をシフトすることができます。ディレイラインとしての機能に加え、このデバイスは自走式発振器または外部からトリガされる単安定振動子として構成することもできます。

簡易ブロック図

DS1123L:標準動作回路 DS1123L:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。