先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/analog/clock-generation-distribution

マキシムのタイミングICは、業界最高のジッタ性能を実現し複数機能を内蔵しているため、基板スペース、電力、およびコストを削減します。

マキシムの幅広い製品ラインは、イーサネット、IEEE® 1588、ファイバチャネル、SAS/SATA、InfiniBand、PCIe®、スペクトラム拡散、SONET/SDH、DWDM、FEC、E1/T1、GSM、UMTS、およびWCDMAなどの業界標準に対応しています。

マキシムは、高精度、経済的、高信頼性のタイミングソリューションを提供し、電磁干渉(EMI)放射を低減してEMIの適合を確保するクロックマルチプライヤICを提供しています。マキシムの端子による設定が可能なクロックマルチプライヤは、1つの外付け水晶から広範囲のクロック周波数(8MHz~134MHz)を生成します。ディザスペクトラム拡散出力は、EMI放射を大幅に低減します。端子による選択が可能なディザの振幅とレートによって、ディザ設定のリアルタイム調整が可能です。

マキシムは、信頼性が高く経済的なシリコン発振器および高精度の水晶発振器モジュールを提供しています。これらのデバイスは、水晶ベースの製品に代わる高信頼性で経済的なタイミングソリューションを提供します。これらの完全に電子的なソリューションは、機械的な構成要素を含まず、湿度、汚れ、振動、および電磁干渉(EMI)の影響を受けません。マキシムの水晶発振器モジュールは、全温度にわたる業界トップクラスの精度、周波数安定性、および最高の位相ノイズとジッター特性一式を備え、入手可能な最も高精度のタイミングソリューションを提供します。マキシムは、固定周波数およびスペクトラム拡散シリコン発振器と、電圧制御および温度補償を備えた水晶発振器を提供しています。

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

注目製品

DS1085L 3.3V、EconOscillator周波数シンセサイザ

DS1085L 3.3V、EconOscillator周波数シンセサイザ

DS1085Lは、外付けのタイミング部品不要の2出力周波数シンセサイザです。これは、スタンドアロン発振器、またはダイナミックにプログラムされたプロセッサ制御の周辺装置として利用できます。内部のマスタ発振器は33MHz~66MHzにプログラムでき、分解能として5kHz、12.5kHz、25kHzの3つのオプションがあります。プログラマブル3ビットプリスケーラ(1、2、4、または8で分周)により、マスタから4.13MHz~66MHzの基準発振器出力(OUT0)を発生させることができます。もう1つの独立したプリスケーラと1~1025分周器により、4.1kHz~66MHzの主発振器出力(OUT1)を発生させることができます。2つの出力は、マスタと同期していますが、独立にプログラムできます。プログラム可能なマスタ発振器、プリスケーラ、および分周器を組み合わせると、ユーザが指定する周波数を数千種類発生させることができます。マスタ発振器、プリスケーラ、および分周器はすべて、その設定値が不揮発性(NV) (EEPROM)メモリに記憶され、電源投入時にデフォルト値を供給してスタンドアロン発振器として使用できるようになります。2線式シリアルインタフェースは、マスタ発振器、プリスケーラ(P0とP1)、および分周器(N)のインサーキットプログラミングを素早くできます。こうして周波数が必要に応じて自由に変更できますが、固定周波数のアプリケーションの場合は工場でプログラムされた値やユーザがプログラムした値を用いてDS1085Lを使用できます。

外部制御入力のCTRL1とCTRL0は、2つの発振器出力をイネーブルまたはディセーブルします。両出力は、出力がイネーブルにされたときと、イネーブル信号から最初の出力遷移までの一定時間の間で、出力グリッチを発生させない同期イネーブルが特長です。さらに、マスタ発振器をディセーブルするようにこれらの入力を設定して、消費電力を重視するアプリケーションに対してデバイスを低電力モードにできます。
DS1088C 固定周波数EconOscillator™

DS1088C 固定周波数EconOscillator™

DS1088Cは、外付けタイミング部品なしで方形波出力を生成する低コストのクロックジェネレータです。この固定周波数オシレータは、出荷時に較正済みの133MHzの周波数で提供されます。このデバイスは、消費電力重視のアプリケーション用のパワーダウンピンを備えています。
DS1077 EconOscillator™/分周器

DS1077 EconOscillator™/分周器

DS1077は、外付け部品不要の2出力プログラマブル固定周波数発振器です。DS1077は、プロセッサ制御の周波数シンセサイザまたはスタンドアロン発振器として使用できます。同期した2種類の出力動作周波数は、2つのオンチッププログラマブルプリスケーラと1つの分周器を使用してマスタ周波数の分周比をユーザが調整することにより得られます。選択された特定の出力周波数は、NV (EEPROM)メモリに保存されます。DS1077は、電源投入時にこの値にデフォルト設定されます。

DS1077は、NV (EEPROM)メモリに保存されている所望の値を用いてプログラマブルプリスケーラ(P0とP1)と分周器(N)のインサーキットプログラミングが素早くできる2線式シリアルインタフェースが特長です。設計変更は、さまざまな値をデバイスにプログラム(もしくは、過去にプログラムされたデバイスを再プログラム)するだけで回路的に迅速に処理できます。これとは別に、固定周波数のアプリケーションでは、過去にプログラムされたデバイスを利用することができ、シリアルインタフェースへの接続は不要です。お客様が希望する周波数で予めプログラムされたデバイスも提供可能です。

DS1077は、8ピンのSOまたはµSOPパッケージで供給され、容易かつ経済的に最小のボード面積でクロック信号を発生できます。チップスケールパッケージもご要望に応じて提供可能です。
DS1086 スペクトラム拡散EconOscillator

DS1086 スペクトラム拡散EconOscillator

DS1086 EconOscillator™は、260kHz~133MHzの周波数のスペクトラム拡散(ディザ重畳)方形波出力を発生するプログラマブルクロック発振器です。ディザ重畳出力に、プログラムされた周波数よりも2%または4%を選択して低い周波数のディザを加えることにより、放射エミッションのピーク値が低減します。DS1086は、消費電力重視のアプリケーションに対し、パワーダウンモードと出力イネーブル制御機能を備えています。すべてのデバイス設定値は不揮発性(NV) EEPROMメモリに記憶され、これにより発振器のスタンドアロン動作が可能になります。
DS1090 低周波数、スペクトラム拡散EconOscillator

DS1090 低周波数、スペクトラム拡散EconOscillator

DS1090は、スイッチモード電源や低周波数アプリケーションの外部クロックとして使用される低コストのディザ重畳発振器です。ディザ重畳またはスイープ機能によって、電源から放射される基本周波および高調波周波数のピークエミッションが減少します。この製品は、抵抗器を使って設定するマスタ発振器、出荷時に設定されるクロックプリスケーラ、および端子により設定するディザ回路から構成されます。このような機能を備えたDS1090は、放射エミッションを低減するためにスペクトラム拡散クロックを必要とするアプリケーションに使用することができます。出荷時設定プリスケーラと外付け抵抗器を組み合わせることによって、125kHz~8MHzの範囲の出力周波数が得られます。ディザ周波数とディザのパーセント値は、いずれも制御端子を使用して設定することができます。
DS1077L 3V、EconOscillator/分周器

DS1077L 3V、EconOscillator/分周器

DS1077Lは、外付け部品不要の2出力プログラマブル固定周波数発振器です。DS1077Lは、プロセッサ制御の周波数シンセサイザ、またはスタンドアロン発振器として使用できます。同期した2つの出力動作周波数は、2つの内蔵プログラマブルプリスケーラと1つの分周器を使用して、マスタ周波数の分周比をユーザが調整することにより得られます。選択された実際の出力周波数は、不揮発性(EEPROM)メモリに保存されます。DS1077Lは、電源投入時にこの値にデフォルト設定されます。

DS1077Lは、不揮発性(EEPROM)メモリに保存されている所望の値を用いてプログラマブルプリスケーラ(P0とP1)と分周器(N)のインサーキットプログラミングが素早くできる2線式シリアルインタフェースが特長です。設計変更は、さまざまな値をデバイスにプログラム(もしくは、過去にプログラムされたデバイスを再プログラム)するだけで回路的に迅速に処理できます。これとは別に、固定周波数のアプリケーションでは、過去にプログラムされたデバイスを利用することができシリアルインタフェースへの接続は不要です。お客様が希望する周波数で予めプログラムされたデバイスを利用することもできます。

DS1077Lは、SOまたはµSOPパッケージで供給され、容易かつ経済的に最小のボード面積でクロック信号を発生できます。チップサイズのパッケージもご要望に応じて提供可能です。
DS1135 3チャネル、高速シリコンディレイライン

DS1135 3チャネル、高速シリコンディレイライン

DS1135シリーズは、一般的なDS1013とDS1035の低電力、+5V高速バージョンです。
DS1135シリーズディレイラインは、1個のパッケージに3個の独立したロジックバッファ遅延素子を内蔵しています。このデバイスは、マキシムの最高速3チャネルのディレイラインです。標準8ピン150 mil SOで提供されています。
このデバイスは、高精度の立上りエッジと立下りエッジを特長としており、オールシリコンのディレイラインソリューションでの固有の信頼性も備えています。各出力は、最大10個のLS負荷を駆動することができます。
標準的な遅延の値をフルデータシートの表1に示します。
DS32KHZ 32.768kHz、温度補償水晶発振器

DS32KHZ 32.768kHz、温度補償水晶発振器

DS32kHzは、出力周波数が32.768kHzの温度補償された水晶発振器(TCXO)です。このデバイスは、高精度の計時を必要とするアプリケーションに使用され、ほとんどのダラスセミコンダクタのリアルタイムクロック(RTC)、チップセット、およびRTCを内蔵するその他のICのX1入力を駆動するのに使用することができます。このデバイスは、民生用(DS32kHz)と工業用(DS32kHz-N)温度範囲で提供されます。
DS1110 10タップ、シリコンディレイライン

DS1110 10タップ、シリコンディレイライン

DS1110ディレイラインは、DS1010の改良代替品で、遅延が5ns~500nsで等間隔遅延の10個のタップを備えています。このデバイスは、標準の16ピンSO、または14ピンTSSOPで提供されます。DS1110シリーズディレイラインの公称精度は、5V、+25℃において±5%または±2nsのいずれか大きい方の値となります。DS1110は、入力ロジック状態がタップ出力10に一定時間遅れて複製されるもので、この遅延時間はダッシュ記号の後の部品番号に続く拡張番号によって指定されます。DS1110は、立上りエッジ遅延と立下りエッジ遅延がともに同じ精度で実現するように設計されています。各タップは、最大10個の74LS負荷を駆動できます。ダラスセミコンダクタは、特別なニーズを満たすために標準品をカスタマイズします。
DS1100 5タップ、低コストタイミング素子(ディレイライン)

DS1100 5タップ、低コストタイミング素子(ディレイライン)

DS1100シリーズディレイラインは、遅延が4ns~500nsで、等間隔遅延の5個のタップを備えています。これらのデバイスは、プリント基板面積を節約できる表面実装パッケージで提供されます。100%シリコンディレイラインと業界標準のµMAX®パッケージやSOパッケージを組み合わせることにより、ハイブリッドテクノロジーを上回る、低コストと優れた信頼性を実現しています。DS1100 5タップシリコンディレイラインは、入力のロジック状態が一定時間遅れて出力に複製されるもので、この遅延時間はダッシュ記号の後の部品番号に続く拡張番号によって指定されます。DS1100は、立上りエッジと立下りエッジがともに同じ精度で再現するように設計されています。各タップは、最大10個の74LS負荷を駆動できます。

マキシムは、特別なニーズを満たすために標準品をカスタマイズします。
DS1100L 3V、5タップ、低コストタイミング素子(ディレイライン)

DS1100L 3V、5タップ、低コストタイミング素子(ディレイライン)

DS1100Lは、DS1100の3.3Vバージョンで、3.0V~3.6Vの使用条件で特性が規定されています。DS1100Lシリーズディレイラインは、遅延が4ns~500nsで、等間隔遅延の5個のタップを備えています。これらのデバイスは、プリント基板面積を節約する表面実装パッケージで供給します。100%シリコンディレイラインと業界標準のµMAX®パッケージやSOパッケージを組み合わせることにより、ハイブリッド方式に比べて低コストと優れた信頼性を実現しています。5タップシリコンディレイラインDS1100Lは、入力のロジック状態が出力に一定時間遅れて複製されるもので、この遅延時間はダッシュ記号の後の部品番号に続く拡張番号によって指定されます。DS1100Lは、立上りエッジと立下りエッジがともに同じ精度で再現するように設計されています。各タップは、最大10個の74LS負荷を駆動できます。

マキシムは、特別なニーズを満たすために標準品をカスタマイズすることができます。
DS1086LPMB1 DS1086LPMB1ペリフェラルモジュール

DS1086LPMB1 DS1086LPMB1ペリフェラルモジュール

DS1086LPMB1ペリフェラルモジュールは、3.3Vスペクトラム拡散EconOscillator™のDS1086LをI²C通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。DS1086Lは、周波数130kHz~66.6MHzのスペクトラム拡散(ディザ方式)方形波出力を生成するプログラマブルクロックジェネレータです。プログラムされた周波数よりも0.5%、1%、2%、4%、または8%低い周波数でディザリングすることで、選択可能なディザ出力は放射ピーク値を低減します。DS1086Lは、消費電力重視のアプリケーション用のパワーダウンモードと出力イネーブル制御を備えています。

DS1086L ICの動作についての詳細は、このICのデータシートを参照してください。
DS4M125 LVPECL/LVDS出力、3.3Vマージン機能付きクロック発振器

DS4M125 LVPECL/LVDS出力、3.3Vマージン機能付きクロック発振器

DS4M125/DS4M133/DS4M200は、LVPECLまたはLVDS出力を備えたマージン機能付きクロック発振器です。これらの製品は、5mm x 3.2mmのセラミックパッケージに、ATカット基本モード水晶を組み込んで完全なクロック発振器を形成するように設計されています。この回路は、125MHz、133.33MHz、および200MHzの周波数、およびその±5%の周波数偏移を生成することができます。DS4M125/DS4M133/DS4M200は、低ジッタPLLを採用してそれらの周波数を生成します。標準的な位相ジッタは、12kHz~20MHzにおいて0.9ps RMS未満です。

周波数マージン機能は、出力周波数を公称周波数より5%高く上または5%低く変更する回路動作です。周波数マージン機能は、マージン機能選択端子のMSによって実行されます。この3ステートの入力端子は、3レベルの電圧信号を受け付け、出力周波数を制御します。ローレベル状態では、出力周波数は公称周波数に設定されます。ハイレベル状態に設定された場合、周波数出力は公称周波数プラス5%に設定されます。ミッドレベル状態に設定された場合、周波数出力は公称周波数マイナス5%に設定されます。オープンにされた場合、MS端子は内部の100kΩ (公称)プルダウン抵抗によってローに強制されます。

DS4M125/DS4M133/DS4M200は、LVPECLまたはLVDS出力のいずれかで使用することができます。出力は、OE端子をローに強制することによってディセーブルにすることができます。ディセーブルの場合、LVPECLドライバのOUTPおよびOUTNの両レベルがLVPECLバイアス電圧に移行するのに対し、LVDSドライバの出力はロジック出力です。OE入力は、アクティブハイロジック信号で、内部100kΩプルアップ抵抗を備えています。OEがロジックハイ状態にある場合、OUTPおよびOUTNの各出力はイネーブルにされます。

これらのデバイスは、3.3Vの単一電圧で動作します。
DS1089L 3.3Vセンタースペクトラム拡散EconOscillator™

DS1089L 3.3Vセンタースペクトラム拡散EconOscillator™

DS1089Lは、周波数130kHz~66.6MHzのスペクトラム拡散(ディザ方式)方形波出力を生成するクロック発生器です。DS1089Lは、特定の周波数に調整して出荷されます。DS1089LはDS1087Lとピンコンパチブルですが、DS1089Lは中央周波数の上下に等しいパーセント値でディザします。ユーザは、I²C対応のプログラミングインタフェースによって、内蔵周波数分周器、±1%、±2%、±4%、または±8%を選択可能なディザ出力、ディザレート、およびプログラマブル出力パワーダウン/ディセーブルモードを利用することができます。デバイス設定値は、すべて不揮発性(NV) EEPROMに保存されるため、スタンドアロンアプリケーションで動作することができます。DS1089Lは、パワーダウンおよび出力イネーブル制御端子を備えているため、電力消費重視のアプリケーションに適しています。
MAX7375 3ピンシリコン発振器

MAX7375 3ピンシリコン発振器

MAX7375は、3V、3.3V、および5VアプリケーションでマイクロコントローラおよびUARTのクロックソースとして使用されるセラミック共振子、水晶、および水晶発振器モジュールを置き換える低コストの改良品として設計されたシリコン発振器です。

MAX7375は全機能内蔵の発振器で、出荷時調整された特定の周波数で提供され、レール・ツー・レールの50%デューティサイクル方形波出力を備えています。発振器の周波数は、位相ロックループ(PLL)を使用せずに直接生成されます。周波数の設定または調整のための追加部品は使用しません。

通常の水晶およびセラミック共振子の発振器回路とは異なり、MAX7375は振動およびEMIに対する非常に高い耐性を備えています。大出力ドライブ電流を持ち、ハイインピーダンスノードがないことも、ほこりや湿気の多い動作条件に対するこの発振器の耐性を高めています。この発振器は広い動作温度範囲を備えているため、要件の厳しい家電製品の環境に最適です。

MAX7375は省スペースの3ピンSC70パッケージで提供され、600kHz~9.99MHzの範囲の標準および非標準の出荷時設定周波数に対応します。10MHz以上の周波数については、MAX7381のデータシートを参照してください。MAX7375の標準動作温度範囲は、-40℃~+125℃です。拡張動作温度範囲については、フルデータシートの「アプリケーション情報」の項を参照してください。

DS1091L 自動車用温度範囲のスペクトラム拡散EconOscillator<sup>&#8482;</sup>

DS1091L 自動車用温度範囲のスペクトラム拡散EconOscillator

DS1091Lは、±0.25%の公称精度を備える、130kHz~66.6MHzの出力周波数に出荷時設定される低コストのクロックジェネレータです。このデバイスは、ディザの大きさとディザレートを端子で選択可能で、中心または下方ディザスペクトラム拡散出力を生成することもできます。DS1091Lは8ピンµMAX®パッケージに実装され、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で3.0V~3.6V電源で動作するように設計されています。
DS1050 5ビット、プログラマブル、1kHz、5kHz、10kHzおよび25kHzパルス幅変調器

DS1050 5ビット、プログラマブル、1kHz、5kHz、10kHzおよび25kHzパルス幅変調器

プログラマブル、5ビット、パルス幅変調器DS1050は、2線式アドレス指定可能制御インタフェースが特長です。DS1050は、2.7V~5.5Vの電源で動作します。PWM出力は、0V~VCCの振幅の信号です。DS1050の標準動作電流は50µAで、プログラマブルなシャットダウン消費電流は1µAです。標準PWM出力周波数は1kHz、5kHz、10kHz、25kHz の4種類です。2線式アドレス指定可能インタフェースにより、単一の2線バス上で複数のデバイスの動作が可能になっており、リアルタイムクロック(RTC)、ディジタル温度計、ディジタルポテンショメータなどダラスセミコンダクタの2線式デバイスとの整合性があります。このデバイスは、低コストのLCDコントラストや輝度制御、電源電圧調整、およびバッテリの充電や電流調整に最適です。DS1050は、8ピン(150mil) SOICと省スペース型8ピン(118mil) µSOPなどの標準集積回路パッケージで提供されます。
DS4M133 LVPECL/LVDS出力、3.3Vマージン機能付きクロック発振器

DS4M133 LVPECL/LVDS出力、3.3Vマージン機能付きクロック発振器

DS4M125/DS4M133/DS4M200は、LVPECLまたはLVDS出力を備えたマージン機能付きクロック発振器です。これらの製品は、5mm x 3.2mmのセラミックパッケージに、ATカット基本モード水晶を組み込んで完全なクロック発振器を形成するように設計されています。この回路は、125MHz、133.33MHz、および200MHzの周波数、およびその±5%の周波数偏移を生成することができます。DS4M125/DS4M133/DS4M200は、低ジッタPLLを採用してそれらの周波数を生成します。標準的な位相ジッタは、12kHz~20MHzにおいて0.9ps RMS未満です。

周波数マージン機能は、出力周波数を公称周波数より5%高く上または5%低く変更する回路動作です。周波数マージン機能は、マージン機能選択端子のMSによって実行されます。この3ステートの入力端子は、3レベルの電圧信号を受け付け、出力周波数を制御します。ローレベル状態では、出力周波数は公称周波数に設定されます。ハイレベル状態に設定された場合、周波数出力は公称周波数プラス5%に設定されます。ミッドレベル状態に設定された場合、周波数出力は公称周波数マイナス5%に設定されます。オープンにされた場合、MS端子は内部の100kΩ (公称)プルダウン抵抗によってローに強制されます。

DS4M125/DS4M133/DS4M200は、LVPECLまたはLVDS出力のいずれかで使用することができます。出力は、OE端子をローに強制することによってディセーブルにすることができます。ディセーブルの場合、LVPECLドライバのOUTPおよびOUTNの両レベルがLVPECLバイアス電圧に移行するのに対し、LVDSドライバの出力はロジック出力です。OE入力は、アクティブハイロジック信号で、内部100kΩプルアップ抵抗を備えています。OEがロジックハイ状態にある場合、OUTPおよびOUTNの各出力はイネーブルにされます。

これらのデバイスは、3.3Vの単一電圧で動作します。