先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/analog/audio/speaker-amplifiers/dynamic-speaker-management

Dynamic Speaker Management (DSM)スマートアンプは、高性能な電流/電圧(IV)検出アンプとマキシムの特許取得済みDSMアルゴリズムを組み合わせて、マイクロスピーカーからより大音量の豊かなサウンドを生み出すオーディオソリューションです。DSMの極めて効率的な小型ブーストオーディオアンプは、スマートホームIoT、ポータブル産業/医療機器、ゲーム機などのコンパクトな製品に最適です。DSMスマートアンプでは、低音応答を大幅に増強しつつ、マイクロスピーカーで音量(音圧レベル)の最大2.5倍増を実現することができます。

DSMの仕組み

DSMスマートアンプは、電流/電圧(IV)フィードバックを利用し、固定DSP機能内にマキシムの実績ある特許取得済みDSMスピーカー保護アルゴリズムを集積しています。追加のプログラミングは不要です。そのため、製品開発期間が大幅に短縮され、設計リソースのオーバーヘッドが軽減されます。特許取得済みのDSMアルゴリズムとIVフィードバックにより、DSMスマートアンプでは、マイクロスピーカーの振動幅リミットやサーマルリミットを超えずに最大限の音量と低音応答を実現することができます。この追加的な保護は、より明瞭な大音量のサウンドを生み出すとともに、業界トップクラスの低消費電力を伴います。

DSMが適合するシステムとは

マイクロスピーカーとは何でしょうか。マイクロスピーカーとは、基本的に標準的なスピーカーをさらに小型化したものです。通常、定格電力仕様が1W~2Wで、振動板の面積が1cm2~2.5cm2のものを指します。

マイクロスピーカーには、ドライバ専用に設計された小型の筐体(エンクロージャ)を備えているものと、筐体なし(ベアドライバ)のものがあります。DSMでは、前方の音波が(通常はエンクロージャにより)後方の音波から分離されている時に最大の低音増強が実現されます。マイクロスピーカーの設計にかかわらず、特許取得済みのPPR (Perceptual Power Reduction)アルゴリズムは、成分と音量レベルを動的にフィルタし、知覚可能なオーディオ忠実度の変化を伴わずに電力をさらに最大25%節約します。

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

注目のブログ

マイクロスピーカーを最大出力定格まで駆動する方法

December 18, 2019

マイクロスピーカーを破損せずに、より大音量のサウンドとより多くの低音を手に入れたいですか?

お客様の声