先頭に戻る

低電力、高性能、デュアルI²S、ステレオオーディオコーデック

フレキシブルな入出力で設計を簡素化し、ポータブルアプリケーションに高品質のオーディオを提供

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Audio Data Converters
Functions Audio CODEC
VSUPPLY (V) (min) 1.65 (Analog)
1.65 (Digital)
VSUPPLY (V) (max) 1.95 (Analog)
3.6 (Digital)
IQ (mA) 6.0 (Playback)
# ADCs 2
# DACs 2
SNR (dB) (ADC) 84
Bit Depth (ADC) 18
Sample Rate (kHz) (ADC) 8 to 48
Bit Depth (DAC) 18
Sample Rate (kHz) (DAC) 8 to 96
Pitch (mm) 0.4
Interface Audio - I2S
Serial - I2C
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
1.39
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Audio Data Converters
Functions Audio CODEC
VSUPPLY (V) (min) 1.65 (Analog)
1.65 (Digital)
VSUPPLY (V) (max) 1.95 (Analog)
3.6 (Digital)
IQ (mA) 6.0 (Playback)
# ADCs 2
# DACs 2
SNR (dB) (ADC) 84
Bit Depth (ADC) 18
Sample Rate (kHz) (ADC) 8 to 48
Bit Depth (DAC) 18
Sample Rate (kHz) (DAC) 8 to 96
Pitch (mm) 0.4
Interface Audio - I2S
Serial - I2C
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
1.39

主な特長

  • 単一電源動作:1.8V
  • 再生消費電力:10.6mW
  • 96dBダイナミックレンジを備えた8kHz~96kHzステレオDAC
  • 82dBダイナミックレンジを備えた8kHz~48kHzステレオADC
  • マスタークロックのサポート:10MHz~60MHz
  • ステレオマイクロフォン入力はディジタルマイクロフォンに対応
  • ステレオヘッドフォンアンプ:差動(30mW)、シングルエンド、またはキャパシタレス(10mW)
  • ステレオライン入力およびステレオライン出力
  • 音声帯域フィルタの阻止帯域減衰:70dB以上
  • バッテリ測定補助ADC
  • 包括的なヘッドセット検出
  • デュアルI²SおよびTDM対応のディジタルオーディオインタフェース
  • 3.6V耐圧入力を備えたI²CまたはSPI対応の制御バス

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • ポータブルゲーム機器
  • ポータブルマルチメディアプレーヤー
  • タブレットPC

説明

MAX9880Aは、スマートフォンやタブレットなどの民生ポータブルアプリケーション用に設計された高性能ステレオオーディオコーデックです。MAX9880Aは、低消費電力を確保する1.8Vの単一電源で動作し、デザインのフレキシビリティを保証するさまざまな入力および出力構成を提供します。MAX9880Aは、ポータブルアプリケーションの完全なオーディオソリューションとして、MAX9877またはMAX9879などのオーディオサブシステムと組み合わせることができます。

MAX9880Aのステレオ差動マイクロフォン入力は、アナログまたはディジタルマイクロフォンのいずれもサポートすることができます。ステレオシングルエンドライン入力は、設定可能なプリアンプによって、ADCで録音することも、ヘッドフォンまたはライン出力アンプに直接ルーティングすることもできます。ステレオヘッドフォンアンプは、差動、シングルエンド、キャパシタレスとして設定することができます。ステレオライン出力は、専用のレベル調整を備えています。

2つのディジタルオーディオインタフェースが内蔵されています。一次インタフェースは音声帯域アプリケーション用に設計され、他方、二次インタフェースは高性能ステレオオーディオデータ用に使用することができます。2つのディジタル入力ストリームは同時処理が可能で、両方のディジタルインタフェースはTDMおよびI²Sデータ形式をサポートしています。

フレキシブルなクロック回路は、任意の使用可能な10MHz~60MHzのシステムクロックを利用するため、外付けのPLLや複数の水晶発振器が不要です。ADCとDACはいずれも、マスターまたはスレーブモードにおいて同期または非同期で動作することができます。ADCは8kHz~48kHzのサンプリングレートで動作し、他方、DACは最大96kHzで動作することができます。

MAX9880Aは、ボリューム変更時やパワーアップ/パワーダウン時のクリック/ポップを防止します。オーディオ品質は、音声およびオーディオデータ用のユーザー設定可能なディジタルフィルタによってさらに向上します。音声帯域フィルタは、GSMパケット周波数での特別な減衰とfS/2での70dB以上の阻止帯域減衰を提供します。I²CまたはSPI™シリアルインタフェースが、ボリュームレベル、信号ミキシング、および一般的な動作モードの制御を提供します。

MAX9880Aは、省スペース、2.7mm x 3.5mm、ピッチ0.4mmの48ピンWLPパッケージおよび6mm x 6mmの48ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX9880A:簡易ブロックダイアグラム MAX9880A:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。