先頭に戻る

ステレオ、ハイパワー、D級アンプ

差動入力、電力制限、クリッピング防止、熱フォールドバック、および優れたEMI性能

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 8
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 28
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 10
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 13.5
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 15
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.03
SNR (dB) (A- Weighted) 101
PSRR (dB) (min) 67
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
1.91
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート ステレオ、ハイパワー、D級アンプ Nov 20, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 8
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 28
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 10
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 13.5
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 15
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.03
SNR (dB) (A- Weighted) 101
PSRR (dB) (min) 67
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
1.91

主な特長

  • 広い電源電圧範囲:8V~28V
  • 単一電源動作
  • 低EMI:アクティブ放射制限
  • クリッピングリミッタ
  • 低い自己消費電流
  • サーマルフォールドバック
  • 過熱および過電流保護

アプリケーション/用途

  • LCDモニタ
  • LCD/PDPテレビ
  • MP3ドッキングステーション
  • ノートブックPC

説明

D級アンプのMAX98400A/MAX98400Bは、高性能で放熱特性に優れたアンプソリューションを提供します。MAX98400Aは、2x20Wを8Ω負荷に、または1x40Wを4Ω負荷に供給します。MAX98400Bは、2x12Wを8Ω負荷に供給します。

内蔵の制限回路は、出力のクリッピング歪みを防止し、小型スピーカをトランジェント電圧から保護し、消費電力を低減します。

+120℃の接合部温度を超えた場合、サーマルフォールドバック機能がイネーブルされ、自動的に出力電力を低減することができます。堅牢な過電流保護に加え、従来のサーマル保護も使用可能です。

これらのICは、8V~28Vの単一電源で動作し67dBの高PSRRを提供するため、レギュレートされた電源は不要です。これらの製品は、12Vの電源の場合、最大90%の効率を実現します。

フィルタレス変調では、これらのICは、各出力に低コストのフェライトビーズおよび低値コンデンサのみを使用して、1mのケーブルでEN55022BのEMI制限に適合することができます。

両デバイスはともに、8つのディジタル制御された利得設定を備えています。

包括的なクリック/ポップノイズ抑制回路によって、シャットダウン時に発生するノイズが最小限に抑制されます。

MAX98400A/MAX98400Bは、それぞれ36ピンおよび24ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX98400A、MAX98400B:簡易ブロックダイアグラム MAX98400A、MAX98400B:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート ステレオ、ハイパワー、D級アンプ Nov 20, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。