先頭に戻る

MAX98396の評価システム

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98396の評価システム Apr 22, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 完全なハードウェアシステムでセットアップが容易、ツールや特別な機器は不要
  • 使いやすいグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)評価ソフトウェア(Windows® 7/10対応)
    • 全ハードウェアレジスタへの完全なアクセス

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルスピーカー
  • スマートIoT
  • スマートスピーカー
  • サウンドバー
  • タブレット

説明

MAX98396の評価システム(EVシステム)は、動的ヘッドルームトラッキング(DHT)およびクロック/データ監視を備えたモノラルD級オーディオアンプのMAX98396を評価します。このEVシステムは、MAX98396の開発ボード(DEVボード)、オーディオインタフェースボードIII (AUDINT3)、micro-USBケーブル、およびMAX98396の評価ソフトウェアで構成されます。

DEVボードはAUDINT3ボードとともにEVシステムとして評価することを推奨します。MAX98396は標準I2S、左詰め、およびTDMの各デジタルオーディオインタフェース、および制御用のI2Cに対応します。

AUDINT3ボードはDEVボードの評価に必要な1.8V AVDD電源および1.2V DVDDおよびDVDDIO電源の他に、USB-PCMおよびUSB-I2Cインタフェースを提供します。このICのDEVボードは、3V~5.5V (VBAT)および3V~20V (PVDD)の2つの追加の電源入力が必要です。フルデータシートの図1は、DEVボードおよびAUDINT3ボードの詳細を示しています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98396の評価システム Apr 22, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。