先頭に戻る

20Vデジタル入力DG級アンプ、I/V検出およびブラウンアウト防止内蔵

独自の広電源、DG級アンプ、超低IQ、超音波に最適

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class DG
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 3
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 20
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 0.002
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 19
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 17.8
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 20
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 25
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.008
SNR (dB) (A- Weighted) 118
PSRR (dB) (min) 60
Package/Pins WLP HC/35
Budgetary
Price (See Notes)
1.19
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class DG
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 3
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 20
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 0.002
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 19
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 17.8
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 20
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 25
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.008
SNR (dB) (A- Weighted) 118
PSRR (dB) (min) 60
Package/Pins WLP HC/35
Budgetary
Price (See Notes)
1.19

主な特長

  • 広い入力電源範囲:3.0V~20V
  • DG級動作によって業界トップクラスの自己消費電力を実現
    • 12.7mW (VPVDD = 12V、VVBAT = 3.8V時)
    • 18mW (VPVDD = 19V、VVBAT = 5.0V時)
  • 超低ノイズフロア
    • 出力ノイズ:15.5µVRMS
    • ダイナミックレンジ:118dB
  • 低歪み
    • -82dB THD+N (8Ωに対して1W、f = 1kHz時)
    • -76dB THD+N (8Ωに対して1W、f = 6kHz時)
  • 出力電力(THD+Nが1%の場合):
    • 20W (8Ω、VPVDD = 19V時)
    • 19W (4Ω、VPVDD = 14V時)
  • ピーク出力パワー:60W (4Ωに対して、VPVDD = 19V)
  • スピーカーアンプ効率:
    • 87% (8Ωに対して1W、VPVDD = 12V、VVBAT = 3.8V時)
    • 83% (4Ωに対して1W、VPVDD = 12V、VVBAT = 3.8V時)
    • 83% (8Ωに対して1W、VPVDD = 19V、VVBAT = 5.0V時)
    • 91% (8Ωに対して20W、VPVDD = 19V、VVBAT = 5.0V時)
  • D級のEMI低減によってフィルタレス動作を実現
  • スペクトラム拡散変調
  • スイッチングエッジレート制御
  • スピーカー電流および電圧検出内蔵、外付け部品は不要
  • 柔軟なブラウンアウト防止エンジン
  • I2S/16チャネルTDMおよびI2Cデジタルインタフェース
  • 再生データワード:16、 24、および32ビット
  • 再生およびI/V検出サンプルレート:最大192kHz
  • オーディオ処理バイパス経路
  • 動的ヘッドルームトラッキングによって一貫したリスニング体験を維持
  • 包括的なクリック/ポップ抑制
  • 35ピンWLPパッケージ(0.4mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • モバイルスピーカー
  • スマートスピーカー
  • スマートIoT
  • タブレット
  • ノートブックコンピュータ
  • サウンドバー

説明

MAX98396は、I/V検出、ブラウンアウト防止エンジン(BPE)、および動的ヘッドルームトラッキング(DHT)を備えた業界トップクラスの自己消費電力の高効率、モノラルDG級スピーカーアンプです。このICは、最大192kHzのサンプルレートへの対応、より高い通過帯域(fs > 50kHz)、および超音波信号がオーディオ処理によって減衰しないようにアンプを通過させるバイパス経路の提供によって超音波アプリケーションを実現します。高精度の出力電流および電圧監視(I/V検出)によって、ホストデバイスはスピーカー保護アルゴリズムを実行可能です。スペクトラム拡散変調(SSM)およびエッジレート制御によってEMIを最小限に抑え、従来のD級デバイスに見られる出力フィルタは不要です。

業界トップクラスの自己消費電力を実現するために、このDG級アンプはVBAT (3V~5.5V)とPVDD (3V~20V)の2つの電源レールを使ってスピーカーアンプに給電します。このDG級アンプは、入力信号レベルおよび/または電源ヘッドルームに応じて2つの電源レール間を切り替えます。このデバイスのブラウンアウト防止エンジンは、デバイス電源が1組の設定可能なスレッショルドを下回った場合にアンプ出力を減衰または制限することによって、全体のシステム消費電力に占める割合の低減を可能にします。さらに、突然の過渡やバッテリ寿命の低下による電源電圧の変動に対して、DHTはDG級アンプで利用可能なヘッドルームを自動的に最適化し、一貫した歪みおよびリスニングレベルを維持します。

このデバイスは、オーディオデータ用のPCMインタフェースおよび制御データ通信用の標準I2Cインタフェースを提供します。PCMインタフェースは、I2S、左詰め、およびTDMオーディオデータ形式を使用するオーディオ再生に対応します。独自のクロッキング構造によって、PCM通信用の外部マスタークロックが不要になり、ピン数が削減され基板レイアウトが簡素化されます。サーマルフォールドバックがイネーブルされている場合、温度がユーザー指定のスレッショルドを超えると、出力パワーを自動的に低減します。これによって、高い周囲温度でも中断のない音楽再生が可能になります。堅牢な過電流保護に加えて、従来の過熱保護も利用可能です。

このデバイスは0.4mmピッチ、35ピンウェハレベルパッケージ(WLP)で提供されます。このデバイスは-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX98396:標準動作回路 MAX98396:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。