先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • Complete Hardware System with Easy Setup; No Tools or Special Equipment Required
  • Easy to use Graphical User Interface (GUI) Evaluation Software (Windows 7/10 Compatible)
    • Complete Access to all Hardware Registers

アプリケーション/用途

  • モバイルスピーカー
  • ノートブックコンピュータ
  • スマートIoT
  • スマートスピーカー
  • サウンドバー
  • タブレット

説明

The MAX98395 evaluation system (EV system) evaluates the MAX98395 mono Class-D audio amplifier featuring dynamic headroom tracking (DHT) and clock-and-data monitoring. The EV system consists of the IC development board (DEV board), Maxim’s audio interface board III (AUDINT3), USB cable, and IC evaluation software.

It is recommended that the DEV board be evaluated with the AUDINT3 board, as an EV system. The IC supports standard I2S, left-justified, and TDM digital audio interfaces, as well as I2C for control.

The AUDINT3 board provides the USB-to-PCM and USBto-I2C interfaces in addition to the 1.8V AVDD supply and the 1.2V DVDD and DVDDIO supplies that are needed to evaluate the DEV board. The IC DEV board requires two additional supply inputs, 3V to 5.5V (VBAT) and 3V to 14V (PVDD). Figure 1 details the DEV board and the AUDINT3 board.

The MAX98395 Evaluation Software provides complete access to all hardware registers.

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。