先頭に戻る

デジタル入力D級アンプ、DHTおよびブラウンアウト保護内蔵

ブラウンアウト保護およびDHT内蔵、設定不要のハイパワーデジタルD級

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 5.5
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 18
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 8.4
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 13.2
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 15.8
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 15.7
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 19
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.02
SNR (dB) (A- Weighted) 110
PSRR (dB) (min) 60
Package/Pins TQFN-CU/32
WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
1.17
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 5.5
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 18
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 8.4
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 13.2
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 15.8
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 15.7
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 19
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.02
SNR (dB) (A- Weighted) 110
PSRR (dB) (min) 60
Package/Pins TQFN-CU/32
WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
1.17

主な特長

  • 広い電源範囲:5.5V~18V
  • 動的ヘッドルームトラッキングによって一貫したリスニング体験を維持
  • 内蔵サーマルフォールドバックによってWLPパッケージでの堅牢な動作が可能
  • リモート出力検出によってTHD+Nが最大20dBまで向上(フェライト使用時)
  • D級エッジレート制御によってフィルタレス動作を実現
  • ダイナミックレンジ:110dB (A特性周波数重み付け)
  • 出力電力(THD+Nが1%の場合)
    • 15.7W (8Ω、VPVDD = 17V)
    • 13.2W (4Ω、VPVDD = 12V)
  • 出力電力(THD+Nが10%の場合)
    • 19W (8Ω、VPVDD = 17V)
    • 15.8W (4Ω、VPVDD = 12V)
  • スピーカアンプ効率
    • 91% (10W、8Ω、VPVDD = 12V)
    • 81% (15W、4Ω、VPVDD = 12V)
  • ALCによってバッテリブラウンアウト保護を提供
  • 強力なクリック/ポップ抑制
  • 30ピン、0.4mm WLPおよび32ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • サウンドバー
  • タブレット

説明

MAX98372は、動的ヘッドルームトラッキング(DHT)およびブラウンアウト保護を備えた高効率、モノラルD級オーディオアンプです。DHTは、突発的な過渡やバッテリ寿命の低下によって電源電圧が変化するとD級アンプに使用可能なヘッドルームを自動的に最適化し、一貫したリスニング体験を維持します。広い5.5V~18Vの電源範囲によって、このデバイスは8Ω負荷に対して19Wを供給可能です。

MAX98372の柔軟なデジタルオーディオインタフェース(DAI)は、I2S、左詰め、およびTDMフォーマットをサポートしています。このデジタルオーディオインタフェースは、全データフォーマットにサポートされた16/24/32ビットデータで32kHz、44.1kHz、48kHz、88.2kHz、および96kHzのサンプルレートに対応します。TDMモードでは、このデバイスは最大16チャネルのオーディオデータに対応可能です。独自のクロッキング構造によって、PCM通信で通常必要な外部MCLK信号が不要です。これによって、ピン数が削減され、ボードレイアウトが簡素化されます。

エッジレート制御を備えたアクティブ放射制限がEMIを最小限に抑えるため、従来のD級デバイスに使用される出力フィルタが不要となります。

8ビットPVDD電源電圧ADCによって、動的ヘッドルームトラッキング回路が可能になります。DHTは電源電圧の変化に応じてオーディオプログラムのピーク動作を最適化し、柔軟なユーザー定義のパラメータを提供します。

サーマルフォールドバック保護は、デバイスの温度制限が実行されるときの堅牢な動作を確保します。この回路をイネーブルにし、ユーザーが設定した温度を上回る出力電力を自動的に低減させることができます。これによって、高温環境でも中断のない音楽再生が可能となります。堅牢な過電流保護に加え、従来の過熱保護も使用可能です。

MAX98372の制御はすべて、標準2線式、I2Cインタフェースを使用して実行されます。2つの4レベルアドレス端子を通じて、16のスレーブアドレスの1つを選択可能です。このICは、0.4mmピッチ、30ピンWLPおよび32ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

ブラウンアウト保護が付いていない同様の機能についてはMAX98371をご覧ください。

簡易ブロック図

MAX98372:詳細ファンクションダイアグラム MAX98372:詳細ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。