先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98371の評価キット Jun 09, 2015

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源動作:5.5V~18V (EVシステム)
  • USBオーディオストリーミング(EVシステム)
  • I2S、左詰め、またはTDM入力
  • 出力フィルタオプション
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み
  • Windows 7およびWindows 8対応ソフトウェア

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • サウンドバー
  • タブレット

説明

MAX98371の評価システム(EVシステム)は、動的ヘッドルームトラッキング機能を備えたデジタル入力D級スピーカアンプのMAX98371を評価します。このEVシステムは、MAX98371の開発(DEV)ボード、マキシムのオーディオインタフェース1 (AUDINT1)ボード、およびMAX98371の評価ソフトウェアで構成されます。

MAX98371のDEVボードは、MAX98371デバイスを評価するために必要な回路および接続を備えた完全実装および試験済みPCBです。AUDINT1ボードをEVシステムとして使用してDEVボードを評価することが推奨されています。MAX98371は、1.14V~1.98V (DVDD)および5.5V~18V (PVDD)の2つの電源入力を必要とし、8Ω負荷に19Wを供給することが可能です。さらに、MAX98371は標準のI2S、左詰め、およびTDMデジタルオーディオインタフェースにも対応しています。

EVシステムとして評価された場合、AUDINT1ボードは必要なロジックレールと、単一の外部電源のみでMAX98371のDEVボードを評価するために必要なUSB-I2SおよびUSB-I2Cインタフェースを提供します。図1はEVシステムの画像で、各ボードの主要領域が強調表示されています。

DEVボードとの通信は、シンプルで直観的なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供するWindows® 7およびWindows 8対応ソフトウェアによって容易に行うことができます。MAX98371の評価ソフトウェアは、MAX98371のEVシステムでのみ使用可能です。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98371の評価キット Jun 09, 2015

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。