先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源動作:2.5V~5.5V
  • I2S、左詰め、またはTDM入力
  • 選択可能な5つの利得:-3dB、3dB、6dB、9dB、12dB
  • オーディオチャネル選択:左、右、およびモノラルミックス
  • フィルタレス動作
  • 低EMI
  • 完全なハードウェアシステムでセットアップが容易、ツールや特別なソフトウェアは不要

アプリケーション/用途

  • カメラ
  • ゲーム機(オーディオおよびハプティクス)
  • IoT機器
  • ノートブックコンピュータ
  • 1セルリチウムイオンセル/5V機器
  • スマートスピーカー
  • スマートフォン
  • タブレット

説明

MAX98360の評価システム(EVシステム)は、モノラルD級オーディオアンプのMAX98360A/B/C/Dを評価する完全実装および試験済みシステムです。このEVシステムは、MAX98360の開発ボード(DEVボード)、マキシムのオーディオインタフェースボードIII (AUDINT3)、およびUSBケーブルで構成されます。

DEVボードをAUDINT3ボードと組み合わせて、EVシステムとして評価することが推奨されます。MAX98360AおよびMAX98360Cは標準I2Sインタフェースに対応し、MAX98360BおよびMAX98360Dは標準左詰めモードに対応します。MAX98360のすべてのバージョンは8チャネルTDMデジタルオーディオインタフェースに対応します。

AUDINT3ボードは、DEVボードの評価に必要な1.8V VDDIO電源に加え、USB-PCMインタフェースも提供します。AUDINT3ボードを使用して評価する場合、MAX98360 DEVボードは1つの追加の電源入力として2.5V~5.5V (VDD)を必要とします。図1は、DEVボードおよびAUDINT3ボードの詳細を示しています。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。