先頭に戻る

MAX98357AおよびMAX98357B (WLP)の評価システム

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源動作:2.5V~5.5V
  • 多くのアプリケーションで必要な外付け部品は1つ(VDDコンデンサ)のみ
  • I2S、左詰め、またはTDM入力
  • 5つの選択可能な利得:3dB、6dB、9dB、12dB、および15dB
  • オーディオチャネル選択:左、右、およびモノラルミックス
  • フィルタレス動作
  • 評価を容易にするオプションのD級出力フィルタ
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • ノートブックおよびノートブックコンピュータ
  • タブレット

説明

MAX98357の開発ボード(DEVボード)は、I2Sデジタル入力D級パワーアンプのMAX98357を評価する完全実装および試験済みPCBです。このDEVボードは、2.5V~5.5Vの単一DC電源で動作し、3.2Wを4Ω負荷に供給可能です。デバイスの出力は、フィルタレスアプリケーション用としてスピーカ負荷に直接接続することができます。ただし、評価を容易にするために、フィルタを追加することもできます。MAX98357Aは標準I2Sデータを許容し、MAX98357Bは左詰めデジタルオーディオデータを許容します。どちらのバージョンも、8チャネルTDMオーディオデータもサポートしています。

MAX98357の評価システム(EVシステム)には、MAX98357のDEVボードとマキシム・インテグレーテッドのオーディオインタフェースボード(MAXAUDINT001#ボード)が含まれています。

MAXAUDINT001#ボードは、使いやすいUSBオーディオ-I2Sコンバータを提供します。これによって、任意のコンピュータをデジタルオーディオソースとし、デバイスの評価に使用することができます。MAXAUDINT001#ボードは、MAX98357への給電にも使用可能です。これによって、1つのUSB接続で完全な評価が可能です。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。