先頭に戻る

ステレオ3.1W D級アンプ

小型、16ピン0.4mm WLPパッケージで3.1W/チャネルの大出力

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.6
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 2
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 2.5
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 3.1
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.8
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.04
SNR (dB) (A- Weighted) 99.6
PSRR (dB) (min) 78
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
0.7
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート ステレオ3.1W D級アンプ Oct 08, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class D
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.6
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 2
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 2.5
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 3.1
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.8
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.04
SNR (dB) (A- Weighted) 99.6
PSRR (dB) (min) 78
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
0.7

主な特長

  • 低自己消費電流:2.0mA (3.7Vの場合)、2.7mA (5Vの場合)
  • スペクトラム拡散およびアクティブ放射制限
  • 5つのピン選択可能な利得
  • クリック/ポップ抑制
  • 過熱および過電流保護
  • 低電流シャットダウンモード
  • 省スペース、1.68mm x 1.68mm x 0.64mmの16ピンWLPパッケージ(0.4mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • MP3プレーヤー
  • ノートブックおよびノートブックコンピュータ
  • ポータブルオーディオプレーヤー
  • タブレット
  • VoIP電話

説明

ステレオ 3.1W D級アンプのMAX98303は、D級の効率でAB級のオーディオ性能を提供します。このデバイスは、単一の利得選択入力(GAIN)によって設定される5つの選択可能な利得設定(6dB、9dB、12dB、15dB、および18dB)を提供します。

アクティブ放射制限、エッジレート、およびオーバーシュート制御回路構成によって、EMIが大きく低減されます。フィルタレススペクトラム拡散変調方式によって、従来のD級デバイスに見られる出力のフィルタが不要です。これらの機能によって、アプリケーションの部品数が低減します。

このICの2.0mA (3.7Vの場合)、2.7mA (5Vの場合)の自己消費電流によって、ポータブルアプリケーションのバッテリ寿命を延長します。

このICは、16ピンWLPパッケージ(1.68mm x 1.68mm x 0.64mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX98303:標準アプリケーション回路 MAX98303:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート ステレオ3.1W D級アンプ Oct 08, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。