先頭に戻る

AGCおよび低ノイズマイクロフォンバイアス付き、マイクロフォンアンプ

オーディオ出力レベルのばらつきを解消する自動利得制御内蔵

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Microphone Amplifiers
# Channels 1
VSUPPLY (V) (min) 2.7
VSUPPLY (V) (max) 5.5
IQ (mA) (typ) 3.1
THD+N (%) 0.04
en (nV/√Hz) 30
PSRR (dB) (min) 55
Input Type Single Ended
Package/Pins TDFN/14
Budgetary
Price (See Notes)
0.7
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Microphone Amplifiers
# Channels 1
VSUPPLY (V) (min) 2.7
VSUPPLY (V) (max) 5.5
IQ (mA) (typ) 3.1
THD+N (%) 0.04
en (nV/√Hz) 30
PSRR (dB) (min) 55
Input Type Single Ended
Package/Pins TDFN/14
Budgetary
Price (See Notes)
0.7

主な特長

  • 自動利得制御(AGC)
  • 3つの利得設定(40dB、50dB、60dB)
  • プログラマブルなアタック時間
  • プログラマブルなアタック/リリース比
  • 電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • 低入力換算ノイズ密度:30nV/
  • 低THD:0.04% (typ)
  • 低電力シャットダウンモード
  • 2Vの低ノイズマイクロフォンバイアス装備
  • 省スペースの14ピンTDFN (3mm x 3mm)パッケージで提供
  • 拡張温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • Bluetooth®ヘッドセット
  • デジタルスチルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • エンタテイメントシステム(例:カラオケ)
  • 高品質ポータブルレコーダ
  • IP電話/電話会議
  • PDA
  • 双方向通信機器

説明

MAX9814は、自動利得制御(AGC)と低ノイズマイクロフォンバイアス付きの低コスト、高品質マイクロフォンアンプです。このデバイスは、低ノイズプリアンプ、可変利得アンプ(VGA)、出力アンプ、マイクロフォンバイアス電圧発生器、およびAGC制御回路を内蔵しています。

低ノイズプリアンプは12dBの固定利得を備え、またVGA利得は出力電圧とAGCスレッショルドに応じて20dB~0dBの範囲で自動調整されます。出力アンプは、8dB、18dB、および28dBに選択可能な利得を備えています。圧縮がない場合は、アンプをカスケード接続すると40dB、50dB、または60dBの全利得となります。3レベルのディジタル入力によって出力アンプの利得が設定されます。外付け抵抗分圧器はAGCスレッショルドを制御し、1個のコンデンサによってアタック/リリース時間を設定します。3レベルディジタル入力は、アタック時間とリリース時間の比を設定します。AGCのホールド時間は30msに固定されています。低ノイズマイクロフォンバイアス電圧発生器は、ほとんどのエレクトレットマイクロフォンをバイアスすることができます。

MAX9814は省スペースの14ピンTDFNパッケージで提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9814:簡易アプリケーション回路/ファンクションダイアグラム MAX9814:簡易アプリケーション回路/ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。